スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
blue chee's路上ライブ 池袋西口公園
1/15(日) くもり(6度くらい。池袋は寒かった)

前回の錦糸町での路上ライブは年末の大掃除を始めてしまってタイミングを逃し行けなかったため(しかも夕方からサンシャインのNegiccoがあった)、今回は是が非でも行かねばと。
普段はというより、行ったこと自体数える程度の池袋西口駅前。
wikiで西口公園を調べたものの、ここは通ったことすらない(メトロポリタン出口は何度かある)。
だいたい池袋はわかりづらい。
西口に東武があり東口にはSEIBUという、名前通りの方角に立地してくれば迷わずにすむというのに!

開始予定時刻の10分前には西口駅前に到着。
しかし駅前ではライブはライブでもお笑いライブが執り行われる模様。それ以外に歌唱できるようなスペースは無し。
ということはブログで告知のあった西口公園に移動になったのかと、ガラケーからツイッターにアクセスしたちょうどそのとき、ねぎのヲタ仲間(オーディエンス仲間)のあめさんが声をかけてくれる。
え、あなたはたしか原宿だったはずじゃ?
午前中のツイートで「原宿なう」と書いてあったので、なんで池袋に?
どうやら所用ついでに池袋に寄った模様。たしかにロマンポルシェの合法ライブ(新宿ロフト)でNegiccoを見たときにぶるちも出ていたし(このおかげで僕は同時にハマった)、路上ということでのぞきに来たそうだ。
公園内を見渡しても、それらしい設営が見えない。
たぶんステージのそばだろうということで話ながら歩いていると、別のぶるちファンの方が声をかけてくれたものの、その人も「どこでやるんでしょうね?」
ただステージ前にアニモっぽいめがねをかけたベレー帽の女性がいて、あれがそうじゃないですか?と。
他人のそら似だろうと思って近づくと、なんと本人!
五分前だというのに、設営はおろかアニモさんしか来てない!!
しかも観客は僕とあめさん、さらに声をかけてくれた人の三人。
貸し切りじゃないかと思っていると、駅とは反対方向からリズさんとジェシーさんが登場。
ジェシさんは遠目でもけっこうわかったけど、リズさんは帽子をかぶってて長いストレートヘアが隠れてしまうと、まるでわからない。これは街ですれ違っても気付かないわ。

開始はだいたい15分程度遅れてのスタート。その間、アニモさんによる前説あり。
2012_1_15_1.jpg

でもワンマンのチケットは前回のワンマンで買ってあるし、CDもすでに予約払い込み済み。
ただ足下に気になる箱が。
「お米食べたいな さいせんばこ」って(後で説明あり)。
2012_1_15_3.jpg
セットリストはいつもの如くうろ覚えながら、たぶんあってると思う。

一曲目は「I LOVE GIRL POP」は出始めでマイクトラブルのため仕切り直し。
前説やっていたアニモさんのマイクはかなりの音量なのに、メインボーカルのジェシさんのマイク音量がかなり小さい。リズさんは普通。
伴奏の音源はipodのようなものをアンプに通していて文明の利器って感じ。野外でも細かい部分の音もちゃんと聞こえて、ライブ音原盤とは微妙に違うことに説明前でも気付くほど(細かい違いを聞き分けてしまうのは僕のクセ)。
2012_1_15_2.jpg
続く二曲目が「Blue wing」。
これはchee's時代の曲。リズさん曰く、生まれて初めて作った曲だそうで。名曲ですが、残念ながら今回のアルバムには未収録。chee's時代に2バージョンあるのとライブ音源版があるから、いずれできるであろうフルアルバムにはきっと入るはず。
MCでは音が小さくてやや聞き取りづらいのに、歌唱では声量でカバーしているジェシさんと、マイク音量が大きいため胸元あたりにマイクを持って歌うアニモさん、手拍子のリズム取りにタンバリンを鳴らずリズさんという図式にプロ意識の高さを感じ、コーラスの美しさもさることながらこの時点でかなり感動。

三曲、四曲はアカペラ。伴奏一切なしで、ぶるちのもう一つの顔たる美しいハーモニー。
これはいつ聞いても本当にキレイで気持ちいい。
チェキッ娘のナンバーから「あたしの靴あなたの靴」、カバー曲の「ルージュの伝言」。

五曲目は寒さをとばすためのアップテンポナンバーということで「ガラガラゲッチュ」を期待したら、けいおんのカバー「ふわふわ時間」だった。
この曲、過日の吉祥寺のワンマンで披露されたものの、そもそもけいおんに興味がないため曲の展開がまったくわからない…。とりあえずyoutubeででもオリジナルを聞いておかないと、途中のセリフぽい部分とか全然わからないのでもったいない。
ただアニモさんの生ロミオが見れたから、個人的には大満足。

最後が「This is not a love song」。
今度発売されるミニアルバムの表題曲。
アルバム曲で最初と最後を固めてるセトリなのね。
なにげに曲名紹介でジェシさんの発音がネイティブっぽい。

とりあえず10分休憩を挟んで、第二回が14時からという告知。
このタイミングで前述の「さいせんばこ」にライブの寺銭として1k入れる(あめさんに預かった分があったので一番最初だった)。
一人が入れると次々に皆つられるのか、僕の後にもけっこう入れている人が少なくなかった。
一回目はざっとみて20人ちょいくらいの観客。
二回目終了時には30人以上は集まっていた気がする。

アニモさんが僕の発言にリツイートしてくれた内容に「路上で出来る環境も曲数もまだ豊富では無く、Negiccoさんの様に2回曲数かぶらない完成されたステージが出来ず、オケでの歌唱となってしまいますが、精一杯頑張ります! 」とあったので、てっきり同じかと思いきや、いきなり1k回目のラスト曲「This is not a love song」から始まる。

続く二曲目はchee'sのナンバーから「トモダチ」。
ジェシさんとアニモさんの小芝居が炸裂。おもしろすぎる!
普段は楽器演奏があるので、これは楽器無しの路上ライブ特典か。
クールにタンバリンでリズムを刻むリズさんは、そっちに集中しすぎてとてもその余裕がなかったとのこと。このあたりもいつものゆるいMC。

三曲目には年末の藤岡麻美ライブで聴いて以来大好きな曲の「手紙」←「手帳」の間違い!
歌詞がコーラスと相まってぐっと来る。ホントにいい歌。
四曲目は初めて聴く曲で「ENGINE」。震災時に作られた元気ソングだそうで、今回のアルバム収録曲。
しっとりとしたこれもいい歌だった。
というわけで、キャミママさんのテーマソング以外、アルバム曲はすべて披露という太っ腹の路上ライブです。

最後は一回目のオープニング曲「I LOVE GIRL POP」のはずが、もう一曲おまけでアカペラ版「あたしの靴あなたの靴」をやってくれる。
美しいコーラスで〆なので、印象に余韻があってこれはうれしい。

その後、ワンマンチケットやCD予約が行われる中、アニモさん見ていたファン一人一人に話しかけてくれる大サービス展開。
これはアニモ推しとしては、ボーナス以外に他ならない!
普通はこちらから話しかけるものなのに向こうからなんてありがたすぎる。
もう感激につぐ感激。

半数以上が帰ってもなおなんとなく居心地がよくて10人ちょい残っているところに、どうやら15時からの回を見に来たファンがいて、なんとここで特別大サービス、マイクも無しで「あたしの靴あなたの靴」のアカペラを披露。
生歌をスピーカー通さす聴けるとか至福にもほどがある。
これはケータイのムービーで録らなきゃと思い構えるものの、なんとSDカード認識して無くて撮れないという泣ける展開に…。なんとか一枚だけ写メ撮れたけど、感動はその場所だけにしておけということですね、ハイ。
2012_1_15_4.jpg

今回は錦糸町の時のように元チェキッ娘メンバーの観覧はなかったようだけど、素敵すぎる癒しオーラ全開の歌唱を堪能できるので、これは絶対次回も行きたいし、むしろ行かないと損する。
俄然28日のワンマンライブが楽しみになりましたわ。

とりあえず帰宅してからはチェキッ娘のベスト盤からchee'sのパートと「あたしの靴あなたの靴」、chee'sのCD三枚、そしてぶるちのライブ音源版をまとめてヘビロテ。
「Blue wing」がいいわあ。オフボーカル版があれば、勝手にカラオケにして歌うんだけど^^
早く「手紙」が聴きたい。

ともあれ曇り空でひたすら寒かったけど、心はぽかぽかに温まる素敵なライブでした。
寺銭もう一枚出せばよかった…。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2012/01/15 23:40 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<blue chee’s LIVE vol.4~抱擁の物語~ | ホーム | 断捨離>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2021-94a786e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。