スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
なんとか完成したのだが
3/11(日) くもり(何度だったのだろう)

音楽制作がこれほどまでに難しいとは思いもしなかった。
プログラムのように「知らないからできない」わけではなく、己の耳を頼りに音符を置いていけば、それなりの形にはなるはずと踏んでいた。
事実そうだと思う。
耳コピ、それもファミコンアレンジならメロディラインにちょっとしたベースラインがあればいい。
実際は三音鳴るはずでドラムラインもあった方がいいのだけど、もはやそれどころではなかった。

とにかく音がわからない。
頭の中では音が鳴っている。口ずさめる。
でも音符に置けない。黒鍵盤が半音上がったところだとは知ってる。ドレミくらいはわかる。
それなのに、まるでその音が拾えないのだ。
リズムはなんとなく再現できるのに、なんでだ?
ファミコンの音色だからではなく、たんに思いこみと実際の音符の位置が違うのだろう。

ますます音楽ができる人を尊敬してしまう。

異様なまでに不安な旋律になり、しかも驚くべき音の外れっぷり。
特に引用した最後のフレーズがどうしてもうまくいかず、さんざん悩んでおいたものの、とにかくこれがひどい。
たとえるなら中華圏で無尽蔵に生まれている海賊版ファミコンみたいな音色。
他のハードから無理矢理移植してファミコン音源で鳴らしたものの、採譜ができてなくて微妙に違う、あの感じだ。

とはいえ、これ以上時間をかけても無駄。
もうこれでいい。
音楽ならあとでいくらでも差し替えられるし。
能力無い部分にこれ以上の時間は割けない。
とにかく一通りの完成ということにする。

というわけで送ってしまった。
でも先方のメアドはフロッピー程度の添付ファイルもダメらしく(zipだから?)、サイトにアップしてダウンロードしてもらうべくメールにしたためた。
別にzipに固める必要もないのだけど、今時メールにexeファイルが添付されていたら、確認せずに削除は必定。
ゆえにアップしたものもzipのまま。

音楽に関しては、ちょっと試しにいじってみるという御仁が現れたので、それを待ってから一般公開とするつもり。
【2012/03/12 00:24 】 | ゲーム関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<中野駅北口TUTAYA バニラビーンズのインストア | ホーム | もうあと少し>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2087-3e43fc9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。