スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
中野駅北口TUTAYA バニラビーンズのインストア
3/17(土) 雨(日中4度だったのか)

本日はNegiccoのワンマン。
チケットも取ってある。番号はオンラインだったためかなりの良番。
ただ三ヶ月も現場に顔を出していないので、浦島太郎気分で今ひとつ気乗りしない。
そこへ持ってきてバニビが地元中野でインストアをやるとのこと。
そりゃ行きます。

でも生バニビも気付けば昨年末、競艇場で前作のシングルの予約をしたとき以来。
こっちも気付けば三ヶ月のブランク。
そしてもう次のシングルリリース。しかも中野のTUTAYAという、正直場末感漂う店舗での営業。
バニビの本気度を感じる。
一昨年、吉祥寺のタワレコでインストアやったけど、あれはまだステージあったもの。
でもTUTAYAにはそれがない。
なんだかかわいそう。こんなところでもやるんだ。
でも、その一店舗の積み重ねが最終的な数字になってくるんだろう。
がんばっているなあ。本当にがんばってる。

入り口でいきなりC葉さんにばったり会ってしまい、思わず「こんにちは」と挨拶。
いつ見てもほがらかな方だ。癒される。
店内奥に人垣ができていてそこが即席ステージだと一見してわかる。そして意外なほどに人が多くてビックリ。ざっと見渡して30人ほど。これがインストア開始時には50人弱は集まっていたからたいしたもんだ。
先日のA.I.S.Aのイベントでは30人もいなかったが、平日夜と土曜の昼間の違いはあれど、バニビの実は集客力の高さよ。
一段上がるようなステージはないが、なにしろ二人は上背がある。人垣があっても余裕で顔が見えるのが、実は隠れたいいところ。150程度だったら影も形も見えない。

新衣装はれな子がミントで、りさ子がチョコをイメージしている配色かな。
50年代ファッション調を軽く着こなすのはさすがだ。

前作「イェス?ノゥ?」から始まり、まずMC。
なにげに中野TUTAYA、音響がいい。
もう抜群の安定度。なんだろう、しばらくぶりに見に来てもスッと入れてしまう妙。
掛け合いもいい。
CDの棚に囲まれた場所なのに、ステージ上と何ら変わらないトーク。プロだ。
次に懐かしの「気まぐれなパレットタイプ」に「ニコラ」。
静かにふり真似する観客たち。僕は気後れして未だにこれができない…。
再度MCを挟んで、新曲「チョコミントフレーバータイム」。
ハワイアンな曲調と、めずらしくちょっとアクティブな振り付け。

その後、握手&撮影会。
バニビとおそろいのリボンを着けて撮影と!
2012_3_17.jpg
いやあ、楽しさが顔ににじみ出てます。久しぶりの満腹笑顔です、自分。
握手の際りさ子が「お久しぶりです。また来てくださいね」と声をかけられるうれしさよ。
バニビはライブハウスに行くようになって最初に聞くようになったアイドルで、なんだかんだで一時離れても戻ってしまう。そのままもう聴かないとか、興味が無くなるということがない不思議な魅力。
「トキノカケラ」ではタイミング悪くて全然行けなかったけど、今回の曲はかなりお気に入りなので、また足繁く通おうかと思ったり。

そういえば同じ中野区民の掟さんもやはり来ていた。

その後、一度高円寺に戻ってから、さんざん悩んで渋谷まで。
定刻通りに着いたのに、すでに自分の番号より20番は後になる始末。
「なんで16時前からやってるんだよ」と、のっけから躓く。
どのみち前で見ることはできなくなったので、中段へ。
とにかく暑い。
さらに移動して物販そばへ。このあたりはテーブル席があり、着座している人もいる。

開演前までDJがずっと音楽を流しているのだけど、ただダラダラと流しているようにしか聞こえなくて、まるでつまらない。以前ぶるちのワンマンの途中で掟さんがDJをやったときは、チェキッ娘の楽曲は知らなかったけどつなぎがキレイで会場も盛り上がってた。先日のワンマンでのDJは、やはりただ流すだけ。
なんというか、聴かせる工夫してほしいなあ。自分のかけたい曲だけかけるんだったら有線と同じだし。

定刻通りにスタート。いきなり四曲、約20分動きっぱなし。
ワンマンの最初に口パクか(カブセかもしれないが、明らかにマイクから口が離れすぎているシーンが幾度もあった)。なんか一気に冷めてしまう。

そして生歌になるとかえぽは必ず声が裏返るし、4月で10年ならもう少しなんとかならんか。

MCは、たしかにゆるくて楽しい。
正直、離れていた三ヶ月の間、楽曲中のコールが尋常じゃないくらいパワーアップしていて、まったく歌声が聞こえなくなる一幕が何度もあった。
僕はライブを騒ぎに行くタイプではなく「聴きたい」人なので、これでさらに冷めてしまう。

両サイドが着座(しかも女性)なのでアンコールのラインダンスもできず、最後までのれずに会場を後にした。
物販も何も買わず。こんなこと初めてだ。

地下アイドルのイベントに一時足をよく運んでいたが、結局行かなくなったのは騒いで全然歌が聞こえなくなるから。
人それぞれの楽しみ方があるから、それを否定はしない。
でも騒ぐことによってのみ得られる一体感なら、僕はいらない。
だから行かなくなった。

若い頃、拳を突き上げたり、ヘッドバンキングで音楽を楽しんでいた人なので、音楽が歓声でかき消されるのはどうしても耐えられない。曲が終わってウォー!とかヒュー!じゃダメなんか。

僕がなんだかんだでバニビのライブに行くのは「聴ける」からなんだな、きっと。
おとなしいファンが多いのかもしれないが、MIX打たれて歌声が聞こえなくなるよりずっといい。
【2012/03/17 23:42 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<無常 | ホーム | なんとか完成したのだが>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2094-46797692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。