テルマエ・ロマエ
6/14(木) くもり(24度でも暑くない)

公開からすでに一ヶ月が経っているというのに、ユナイテッドシネマとしまえんではしっかりと9時台からやっているということで、金曜なら1kで見られるのだけどたまったポイント使えばロハだしということで朝一で見てきました。
原作はほとんど知らない。
むしろ知っている情報はといえば、風呂場でタイムスリップするくだりのみ。
ようは原作に忠実だろうが、換骨奪胎してようが、映画自体がおもしろければなにも問題なく見られるベスト環境。
そして平日朝一、しかも割引も聞かない公開からひとつき経っているのに20人くらい。
シネコンなのにある意味場末の映画館でこの入りは、かなりいい方だろう。
公開初日でこれよりも少ない人数とかざらだし。

ローマ人が日本語しゃべっているのは作劇的に見て何も問題ないのに、日本にやってくるとちゃんと通じないとかラテン語しゃべるとか、妙な部分でリアリティにこだわっていて「これはいい映画かもしれない」と感じた冒頭部分。
お約束な文明社会に触れたときのリアクションが実は重大な伏線になっていたとか、予想してなかった分「そうきたか!」と。
気持ちの良いのせられ方をして、とても楽しかった。
おしむらくは劇場内で笑い声がなかったこと。
人数が少ないから仕方ないとはいえ、同じ場面でガハハと笑う楽しさの共有があってこその劇場なので、そこだけが残念でならなかったが、だったらもっと早く見に行きなさいということです、はい。
上戸彩のキャラもメタフィクションが効いていて心地よかったし、とにかく邦画なのにキチンとお金をかける部分にかけている印象がよかった。
漫画原作としては傑作の部類じゃないだろうか。
ただパンフは買わず。
阿部ちゃんの尻には興味がないもので…^^;

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/06/14 22:24 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<バニラビーンズ・北欧の風vol.4 渋谷WWW | ホーム | パーラービーズでバニラビーンズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2195-9ee3a8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |