スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
第0回 バニビうらビ公開イベント
6/21(木) くもり一時小雨(最高気温26度は朝方。日中は22度くらい)

モバイル会員限定、それもビーンズというポイントを10点集めたもののみが対象。
とはいえ、先日のワンマンに行けば10ビーンズもらえるので、その場で登録すれば大丈夫だったはず。
ただ抽選はあった模様(会場内30人程度?)。

僕はと言えば、モバイルサイトゆえ当落判定のメールが所定の時間になっても届かないという事態(昨日の15時の話)。
おかしいと思いメールを確かめると、モバイルサイトではなく所属事務所のドメインになっている!
僕のケータイはごく一部を除いてPCから受信できない。ゆえに届かなかったというわけ。
泣きたい気分でドメイン指定解除してから、サイトの問い合わせから泣きをいれる。
たいがいこういうケースでは不備でアウトなので、もうしっかり文面を読まなかった自身をひたすら呪う。
バニビDJ、バニビバーテンが見たかったよう。

と、諦めていたら、スタッフさんが転送メールを送ってくれて、その中には当選の二文字が!
2ちゃんの当該スレッドにも似たようなカキコミがあり、同様多数だったのかもしれない。
スタッフさんの細やかな対応にホント頭が下がる。

というわけで、20時開演のイベントに行くべく、原宿駅に降り立ったのが19時半。
いささか早めに着いてしまい、竹下通りを突っ切って明治通りに出るのだけど、案の定ブラザーに呼び止められる。もっとリッチな客を捕まえてくださいな。僕はたしかに黒人の古着が似合うかもしれないけど、古着に何万も出せるほどブルジョワ生活じゃない。むしろほど遠い。
メールにはKDDIスタジオの左の原宿通りを直進と書いてある。
僕は当初ビームスの方かと予想していたのだけど、まさに真隣のアーケードに原宿ストリートと書いてあるではないか。迷わずそっちへ。しかし待てど暮らせど、それっぽい集団のいる店舗が見つからない。
もう一度メールを確認。今度は住所をよく見ると、ここは神宮前3-21、目的地は神宮前3-27。
昔郵便屋で配達のバイトしていたからわかる。21と27は絶対隣接していない!
明治通りまで戻り、ビームスへの道を見上げると、そこにも原宿ストリートの文字。番地は3-25だったかな。可能性としてはこっちか。

結局会場に着いたのが19時50分。またしても20分近く迷ってしもたよ。

地下のフロアに丸椅子が並べられていて、前方にDJブース。後方にバーコーナー。
ようは片方がDJをやっている間、片方がバーテンというシステム。
ゆえにドリンク券500円はチケット二枚。
てっきりアルコールかと思いきや、すべてジュース。コーラとウーロン茶、紅茶、りんごジュースにオレンジジュースだったかな。未成年対策としては、たしかにその方がいい。それに酒飲んでくだ巻くタイプがいたら手に負えないし。
そしておつまみがわりと称して、先だってのワンマンでのグッズ、C葉さんの脚とパパイヤ(バニビの脚はなかった)、あとはタオル二種と定番の花瓶。
しかもグッズどれを買っても、私物にサインを入れてくれるという太っ腹企画。
おかげでパパイヤは飛ぶように出て完売。C葉さんの脚もけっこうな売れ行き。
そしてなんといっても花瓶がいくつも出た。
たしかに花瓶にサインが入っていれば、立派なバニビアイテムとなるもの。

最初にDJを始めたのがリサ子。洋楽系で攻めるかと思ったらJPOPだった。
ただ同時にレナ子がバーテン(と言う名のペットボトルから注ぐだけ。しかしその間、お話ができる)を始めるので、どうしてもDJがただのBGMになってしまうのがちょっと残念。
まじめに曲をつないでいくものの、音楽がかかっているから最前列の人しか声が届かないから、ちょっと寂しい感じ。

20扮して交代。
今度はレナ子がDJ。アイドル縛りで、しかも自身で振りコピするため、割と飽きないうまいやり方。
なんとなく掟さんを彷彿とさせる。
自分たちの曲もラス前に入れていて、生振り付けが新鮮だった。
一方のバーテンリサ子はエプロン姿も美しく、なんかセレブなパーティのお手伝いみたいな雰囲気。
こっちのシフトの方がいい感じに回っていた印象。

ちなみにレナ子に飲み物オーダーする際、「コーラで」と言ったら「やっぱり!」と返されましたよ。
もっともノーマルコーラはほとんど飲まないので「できればダイエットコーラの方がいいんですが」と切り返すと、「じゃあ次回にはそれも用意しておきます」とのこと。
ついでにC葉さんの脚を購入。

一方のリサ子パートでは、先日ワンマンでプレゼントしたパーラービーズを覚えていてくれて、こちらから言おうと思った矢先にその話を向こうからしてくれるという恐悦至極状態。たぶん大学で美術系の勉強をしていたせいだろう「なんでここに違う色が入っているのかわからないけど、離れてみるとなるほどと思った」と、モザイクアート(実際はドット絵)への理解度を話してくれて、もううれしいさMAX。
イベントに行った際、必ず声をかけてくれるのがリサ子さんで、もう完全にリサ推しです。
ただ商売ッ気があるのか、もう一点グッズを買っていても「~からの、こっちもどうぞ」商法が巧みで、僕もパパイヤを勢い買ってしまいましたが、これは僕に限ったことではなく(最終的には売り切れてしまったほど)。

8分ほどいったん中座してからのバニビうらビの開始。
公開放送は初ということで、普段はモニターの向こうのリアクションが、今回は目の前にいてダイレクトに返ってくるということで、会場内のファンへのサービス精神もばっちり。このあたりの細やかな配慮ができるのが、あの楽しいMCの裏側なのだろう。
実際、放送中なんども笑い声が起きたし、実際におもしろかった。

今回、僕にとってさらにラッキーだったのは、のっけでワンマンライブの感想メールが読まれたこと!
読まれたらいいなあとは思っていたけど、なにげに今回メール読む本数が少なくて(会場との心理ゲームのダイレクトリアクションがあったから?)その一本に選ばれるとは。
ちょうどバニビヒストリーをメドレーでやってほしかったと書いたのがよかったようで、実はDVD収録がなければメドレーだったという。撮影が入るので一本ずつせっかくだからと分けたらしい。
またソロパートが実はアンコール用だったとか、こういう裏話は大好き。
できればソロパートつながりで、レナ子パートでの斜めフォーメーションのくだりとか聞きたかった。
あれは後ろ立ち姿のリサ子のかっこよさ際だっていて、さらに普段とは違う斜めゆえ、全体の画が決まっていて実にすばらしかった。

放送終了後は、サインタイム。
これなにげに40分くらいやっていたかも。
僕はC葉さんの脚の袋にいただいてから、実は二点買っていたことに気付き、再度並んで私物手帳の表紙に描いてもらう。
これ、実はblue chee'sのアニモさんのサインが入っている手帳で、そのちょうど反対側にバニビという、僕にとっては至宝のアイテム。ここに掟さんのが入れば完璧!
しかもサインをいただく際、こっちのは「blue chee'sのアネモネさんのなんです」と話すとすかさずリサ子さん「メンバー辞めちゃうんですよね、なんか大変そう」としっかり情報おさえてるし。そういえばツイッターでもお話してたけど、ちゃんと覚えているあたりたいしたもんです。

ファンとの距離感を大事にするバニビの姿勢と運営にただただ感謝。
終わってみれば変則型トークライブのていだったのかな。
これはビーンズをためて、次回も是非参加しなければ!

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2012/06/22 01:58 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<アイドル横丁 夏祭り | ホーム | バニラビーンズ・北欧の風vol.4 渋谷WWW>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2204-fc468111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。