ミュンヘン
3/1(水) 雨(気温上がらず)

そう言えば一月前の映画の日も雨でした。

今回は見たい映画が目白押しで、どれをチョイスするかかなり悩んだのですが、結局は当初の予定通り「ミュンヘン」を選びました。
朝一で行ってハシゴするつもりだったのに、上映時間が微妙にかみ合わずどれを最初に見るべきか(後回しにすると先に見た映画の印象が台無しになるため)散々悩み、おかげで午前の回は間に合わないという体たらく。

直前になってネット上で予告を見て「美しき野獣」の危険な香りを察知、「プロミス」もそんな気分ではないし、「シムソンズ」はなんと夜の回しかないという不遇さ。ついでに言えば「ミュンヘン」も学生さんから聞いた話では、あまり評判がよろしくないという…。

正直、ここ最近の鬱屈した思いを晴らすには、「リンダ・リンダ・リンダ」のようなヌルさが気持ちいい映画か、「少林サッカー」のような腹抱えて笑えるものがいいのに、なぜに「ミュンヘン」みたいな。

結果的には見て良かったです。

もともと学生時代に諜報ものを読みあさったため、充分理解できたと言った方が正しいかもしれません。
ただ、楽しめる映画では決して無く、ひたすら乾いたタッチでまったく救いようがないです。
これを「つまらない」と言ってのけるのは、そもそも国際社会においてのイスラエルの位置づけがわからないか、ハリウッド映画的爽快なラストを望んでいたかのどちらかでしょう。

内容は一言で言うとテロに対するテロ(任務としては報復暗殺ですが)です。
以前見た韓国映画「復讐者に憐れみを」が復讐の連鎖を描いた作品なら、「ミュンヘン」は報復の連鎖です。
ラストシーンで世界貿易センタービルが写るそうですが(わたしは気付かなかった…)、時代的には無関係の9.11も内包しているワケです。
なんで気付かなかったんだろ、ひたすら後悔ですよ…。

ただ、見るには少々の覚悟が必要です。
なにしろ「プライベート・ライアン」の例を出すまでもなく、実はバイオレンス描写が得意なスピルバーグ監督は、今回もそれを存分に見せつけてくれます。
銃で撃たれる生々しさ、爆発音のすさまじさ、まるで自分がそこに放りこまれたかのごとくリアリティが押し寄せますから。
本来銃撃戦というのは血湧き肉踊るものですが、そんな感情は微塵も感じさせてくれません。

年端もいかないガキが、ガンダムに乗ってイデオロギーもアイデンティティもなく見栄えだけで闘うアニメばかり見るのではなく、考えさせる映画の入門編としてはちょうどいいんじゃないでしょうか?
個人的には「ホテル・ルワンダ」の方が、さらに勧めたいですけど。
つーかもういい加減、美少年の闘う戦争アニメは止めてほしい…。

ここ数日、体調のことしか書いて無くてアレだったので、たまには映画オンリーもいいかな、と思う3月初日です。

テーマ:ミュンヘン - ジャンル:映画

【2006/03/01 20:07 】 | 映画鑑賞記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<一生もののつきあい | ホーム | 今後の流れ>>
コメント

自分、ミュンヘン観たいんで・・・観よう決意しましたわ。
基本的にこういう映画はみるのすきなので期待してますです。
【2006/03/02 16:27】| URL | おのうちとうる #-[ 編集] |
ほほぅ
おのうちさん

ほぅ、ミュンヘンいける口ですか。
でしたら、ぜひ週末にご覧ください。そうしないと、来週の月曜にうっかりディテールを話してしまうかもしれないので。

ただ、ラストシーンの世界貿易センタービル、通称ツインタワーはぜひ確認してきてください。
知らずに見て気付けばいいのですが、わたしの目は節穴だったので…。
【2006/03/02 22:17】| URL | maruzoo #-[ 編集] |

実は戦争映画大好きスピルバーグ。
自主制作映画も第二次大戦物がたくさんあった
というのも有名な話ですな。
プライベートライアンに出てくるジャクソンの
狙撃シーンは今でもマイベストスナイプシーン。

あー何か急に映画が観たくなってきた。
【2006/03/03 07:50】| URL | ぱらやん@祖父は亜細亜戦線生き残り #-[ 編集] |
ライアンと言えばライベン
あまり過度な期待を持って行くのは危険なので「宇宙戦争」よりはずっとマシ程度に思っていてくだされ。

ちなみに明日からなかなか目白押しな展開なので、いつも行くユナイテッドシネマとしまえんは1回タダで見られるほどポイントも溜まったことだし、もっとも危険臭のする「イーオン・フラックス」を日曜にでも見ることにします(笑)
【2006/03/03 14:45】| URL | maruzoo #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/224-cbfbe23d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |