スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
TIF2012
8/5(日) 晴れ(35度くらい)

アイドルフェスとして昨年から始まった巨大なイベント。
それこそ山ほどのアイドルたちが一堂に会するのだけど、深夜にもイベントやってるとは思わなかった。
しかも入場料払わず見られる野外ステージもあったり、まさにお祭り的な印象。

バニビは昨年に引き続きMCやったり、イベント本数も多いから見たかったのだけど、土曜の日中は仕事で動けないので断念。掟さんの飛び入り物販もあったとかで、無理にでも行けばよかった…と昨夜はツイートを見てはため息をついていた。

朝からやけに暑い中、汐留から乗ったゆりかもめはすでに満員状態。
お台場合衆国はすでにかなりの人出。
TIFはどうなのだろうと会場のあるテレコムセンター駅に着くと、すぐに特設ステージが目に入る。
すり鉢状のステージにはけっこうな人だかり。アイドリング!が登場していたが、僕の目的は一つなので素通り。
しかしこのエリアは一体何なんだ?
巨大な公園にも見えるし、それを取り囲むように高層マンションが連立している。
印象としては団地の中庭の巨大版。
そこがイベント会場になっている(特に物販エリアは駐車場をつぶしてテントをたくさん並べた感じ)。
なんとも不思議な光景だ。
芝生があるため、アスファルトの照り返しがない分、だいぶマシかと思ったものの、中央のステージに着くと、それは錯覚だと思い知る。
すでにかなりの人数が集まっているが、とにかく遮蔽物がない。
さんさんと降り注ぐ真夏の太陽。開演まで30分ながら、これはキツイ。コミケやワンフェスで炎天下並ぶような根性がないので、日陰無し、日に照らされて立ち上る足下の夏草がよけいに空気を濃密にしている。
例えは悪いが、南方の日本兵のように帽子の下にタオルを入れている姿を見て、とりあえず自分も頭に巻く。
たった一枚の布きれだが、まるで違う。
まぶしすぎてサングラスは外せないし。

そうこうしているうちに、バニビファンの方に声をかけられる。
お仕事の関係で、お会いするのは半年ぶり。今朝までTIFを満喫し、今日は別の現場に行く前に寄ったそうで、たまたまツイートに現着を書いたところ見つけてくださったと。
おかげで30分も待ち時間は難なくクリア。

そうこうしているうちに目の前に掟さんが!
今回はさすがに声をかけなかったのだけど、他の方と話しているのを聞くと「今回のTIFのメインはこれだから、見逃せない」と、あらためてチェキッ娘推しだと知る。。たしか今朝方までイベントやっていたはずなのに? すごいタフだ(聞き間違いかもしれないが1時間半しか寝てないと話してた)。
12_TIF_01.jpg
※しっかりチェキッ娘Tシャツ着てます!

10時。予定通り開始。
前回のアイドル横丁で聞いたので、前奏でわかる。
「海へ行こう」だ。
ぶるちメンバー二人にプラス六名の総勢八名の元チェキッ娘に、アニモさんとサポートギターのMAYOUが楽器片手に登場。
10年前を知っている人には、この出だしのメロディはそうとうに高まるはず。
歓声がすごい。
メンバー以外はアイドル横丁で見た矢作さんしかわからないのだけど、その矢作さんも髪型変わっててわからなかった…。いや、キャミママさんさんすら髪型が変わったので、高く離れたステージだとわからないくらい。
それにしてもなんかすごく楽しそうな印象。
ステージを楽しんでいる感がひしひしと伝わる。
チェキッ娘のTシャツやうちわを持参しているかつてのファンも少なくなくて、感極まってるんだろうなあ、と。

MCなしで二曲目は同じくチェキッ娘のナンバーから「デイドリーム」。これはぶるちファンの方からお薦めの曲として以前教えてもらっていたけど、初見だと手拍子が取りにくい…。
ただ僕の後ろで「これ、持ってくるか」と声が聞こえたので、古いファンにはたまらない選曲だろう。

二曲終えてからざっとメンバー紹介。一人一人きっちり紹介して拍手を送るには時間が足りないのか、流しになってしまってちょっと残念。

三曲目はやはりぶるちナンバーから「手帳」。しかも皆で合唱という珍しいパターン。
しっとりした歌、聞かせる歌なので手拍子もなくみな聞き入っているのは、実にいい感じ。
昔の仲間にあてた歌詞ということで、それをみんなで歌うのはさぞや気持ちいいだろうなあ。
合唱タイプもよかったし、ちゃんとアニモさんのパートもあったし。

最後の曲は「I LOVE GIRL POP」。
これも元はchee'sの曲なので、実質チェキッ娘縛りのセトリか。ジェシさんがいたらぶるち表題曲の「THIS IS NOT A LOVE SONG」をやったのだろうかとifを夢想してみたり。
昔の仲間を思う曲が「手帳」なら、「~LOVE SONG」は今の自分たちの曲だから。

10時30分から物販開始ということだったのだけど、メンバーは待てど暮らせど来ない。
ぶるちファンの方と物販前の木陰でいつ来るのかわからない状態でひたすら待機。
その方は朝一で会場入りした強者ゆえ携帯の充電が危うく、僕は僕でガラケーゆえふたりともツイッターで情報収集できない状態。
帰宅後チェックしてみると、藤岡麻美さんが「今から物販始めるよ」とかスタッフさんが「ライブ写真販売始まりました」と逐一情報を上げてくれていたので、完全な情弱だった…。
結局メンバーのアニモさんが物販に先行して現れたのが12時半。
もっとも僕はそれで満足だったので、じゃああとはライブ写真の販売が開始になったか確認して帰ろうと歩き始めると、向こうからリズさんとキャミママさんと掟さんがやってくるではないですか。
明らかにこちらに気付いて掟さんが「今から物販やるよ」と言われたら、そりゃあ取って帰りますとも。

結果、三枚目のCDを買うことにはなったものの(先の物販では特価になっていたバッジを2セット購入)、今回は何と珍しいその場サインつき!
握手もOkayだったみたいだけど、みな暑くてドロドロだし、空気読んで握手は見送る人ばかり。
このあたり若いアイドルにがっつくファンとは違うようで。
かくいう僕も握手はせず。

水分補給もままならず、おまけに食事も摂って無くて、さらに灼熱の日差しゆえ、目的果たしたから早々に退散。
でもツイートをチェックしてなかったおかげで、ライブ写真は買うことができず、見られるライブも見なかったという失態。
そういや、会場内のエリアでゲリラライブしているグループがあった。
TIFに呼ばれなかったのか、それにしても思い切ったことをする。
ただ会場に訪れているのがもれなくアイドルファンゆえ30人くらいの人垣になってたから、普通に駅前で路上ライブするよりもはるかに集客してるあたり、うまいブッキング。

帰路には食べるところが無くて、結局地元の駅でまたしても満州餃子を15時過ぎに食べる始末。
実は昨日の夕食も高円寺で満州餃子だった。どんだけダブル餃子定食好きなんだよ、と…。

帰宅後、エアコンを入れてもあまり効いている気がしなくて、鏡見たら頭の両腕真っ赤になってた。
たった四時間しか会場にはいなかったのにこれだけ焼けていると言うことは、朝から最後までいたら真っ黒だろうに。

ちなみにバニビの物販ブースの隣で、突発的に行われた掟さんの張り紙を写メ。
ご本人に「今日はないんですか?」と聞くと「昨日全部出ちゃって、それに今日は出演じゃないから」と言って、張り紙をはがしてました。
12_TIF_02.jpg

次回は週末の土曜日のワンマン。
ようやくアイドルblue chee'sではなく、バンドblue chee'sが見られる!
メインボーカルが最後なので、その後の発表はあるのか?
そういや、アニモさん一人で物販に先行してきたとき、他の女性陣(ファン?友達?)に九月の誕生日にイベント考えているようなこと話してたなあ。ワンマンの時に発表するようなことを言ってたので、詳細に期待。
どのみちアニモ推しとしては何をおしても推参仕る所存!
12_TIF_03.jpg
最後にサインを入れたアニモさん、ちゃんと僕の名前を書いてくれるあたりの細やかすぎる気遣い!
物販に椅子が二つしか用意されて無くて、隣の使ってない椅子とか使わせてくれればいいのに、アニモさん立ち膝立ちでサイン入れてたし…。隣のブースの店番よ、スマホいじってるならこれ使ってくださいと差し出すくらいの気を利かせても罰は当たらないぞ。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2012/08/05 22:35 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<blue chee's LIVE 2012年 夏~決断の物語~ | ホーム | IRON SKYの正しい楽しみ方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2250-2eafab44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。