ジャイアントホビーはいいお店
昨日の話。
プレゼント(模型)を入れる箱を求めに中野へ出向く。
ついでメタルフィギュア専門店「ジャイアントホビー」でファレホカラーを買う次いでに、ぼかし塗装に使う溶剤について聞こうと思っていた。
箱と紙袋はダイソーにそれっぽいいいものがあったので、それを購入。
いや、中身がプラモだし、がわが気張っても仕方ない!と。値段じゃない、気持ちの問題だ!と自身を言い聞かせる。

ブロードウェイの三階まで一気に上がるエスカレーターを利用し、中野ロイアルで超久々にスパ2xを乱入するもヒョーバルに手も足も出ず二敗100円使って終了。
目的地のトイレ前のお店に…と遠目で見るとシャッターが降りてる。あれ、定休日だっけ。土曜に来たことは無いから知らなかったと、目をこらすと張り紙が。
近づいてそれが貸しテナントであることに気付く。

まじですか!

お店閉めちゃったのか!

店員さん、すごく感じよかったけど、ファレホしか買わない細い客だったからなあ。
たしかブロードウェイにはもう一件、メタルフィギュアの店がある。行ってみると、ここはシタデルしか扱ってないと。
通販しかないか。できればカラーは目で見て買いたいんだよな。
それにジャイアントホビー、塗装もできたから、一度レクチャー受けたかったのに。

ほうほうのていで帰路につき、なんとなく帰りのバスの車中でガラケーながら検索。
するとサイトが出てきた。
もっとも店じまいしていても残骸としてサイトが残っているとこがあるからとしょんぼりしつつ「リニューアル」の文字を見つける。
これはひょっとして店舗変えての営業か?と思ったら、見覚えのある地図が表示された。

高円寺南口。
ローソン近く、すなわち佐世保バーガーの近くだ。
よく読むと9/15、リニューアルオープンと書いてあるではないか!
※帰宅後、ネットであらためてみたら9月からプレオープンしていたらしい。

明日、行ってみよう。

そして今日。

ブロードウェイでファレホカラーを薦めてくれた親切な店員さん(店長さんかも?)に、昨日中野店に行ったら店じまいしていて慌ててネットで検索したんですよと世間話。

ファレホカラーはタミヤのアクリル溶剤で溶かせるそうで、ぼかし塗装にはこれか薄く稀釈したシンナーがいいそうで。タミヤアクリルならボトルで持ってるから、今度使ってみよう!

そしてこれを機会とばかりに、カエルかトカゲ系のメタルフィギュアはないか聞いてみる。
もともとあのデフォルメのキツイ抜群のバランスで成り立っているフィギュア群にあこがれを抱いていて、いつかは塗ってみたいと思っていた。
で、せっかくならカエルモチーフがいいなと思ったのだけど、あいにくそのものずばりはないとのこと。
ただ半魚人みたいなものならいますよと薦められたのが、いまひとつぱっとせず。
ただその前に陳列されていた塗装済完成品に強烈なうろこのディテールを持つヤツがいて、これはどれですか?と尋ねると、薦められた隣のものだった。
パッケージングされていると、ちょうど背中が見えなくてわからなかったが、これは塗りごたえありそう。
ファレホカラー三本は緑二本に青一本。明らかにカエル向け。
半魚人にはいささか向かないかもだけど、せっかくだし購入。
初メタルフィギュアなので、プライマーもないからそれも購入なのだけど、ここでメタルフィギュアならではの話を聞いて、目から鱗。
通常プライマーはライトグレーなのだけど(ファレホにはそれがあった)、メタルフィギュアの場合下地に黒を使って影部分を残すのが定番で、黒いプライマーを使うそうで。
ファレホ版は残念ながら売り切れていたが、シタデル版があった。
内容量はファレホの半分以下なのに、値段が100円だか高い。
でもせっかくだし、これもいただく。
こういう店員さんだと買ってあげたいと言う気分にさせられる。
そもそもニッチなアイテムだし。階上では楽しげな会話が聞こえてくるので、常連さんが来ている模様。
塗装も1日500円で塗料使い放題とかありえないサービスなので、今後絶対利用しようと思う。
使い慣れた面相筆でも持参すればよかった。
まったく揮発臭のしないファレホ、シタデルで、しかも水稀釈できるから安全だし、他の方の塗りをチラ見できるのもおもしろそう。

ちょうど先だってヤフオクで大事にしていたセル画を放出し、ちょっとばかり懐が暖まっていたから、ついつい色々買ってしまった。
事務所に戻ってから、速攻あけてみたけど、僕のガラケーやipodtouchでは小さすぎて、このディテールの深さがまるで伝わらないから取らなかった。大口開けた半魚人の牙、一本一本がキレイに抜けていて、メタルのすごさを思い知る。レジンじゃまず無理。たしかに高いけど(ガンプラのHGクラス)、この小さい中につまった密度が、まさに西洋の大人の趣味世界。あこがれてました。

せっかく高円寺に来たし、事務所で作業してから帰ろうとしたところ、中学の同級生とばったり遭遇。
蚊に食われながらも立ち話が楽しい。
Negiccoのジャケットアートを、彼の昔のバンド仲間が手がけていたとか、ありえない世間の狭さよ。
【2012/09/17 01:17 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ドールショウ35 | ホーム | 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2294-93e36fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |