ケロ子走る!のレビュー
11/26(月) 雨(11度)

昨日、いただいたアドバイスから、アプリのレビューサイトにプレスリリース案内(というより、専用フォームや直接メールを送る)を午前中から行い、午後にいったん事務所まで行って業務、その後事務所で続きを行い、帰宅後英語圏のサイトにも二件だけだけど送る。
でも英語版のgoogleplayのURLがわからなくて、日本語の方で送ってしまったからダメかもしれない…。
さっき、そう言えば英題つけていたんだからそれで検索すればいいじゃないかと思い出したものの、完全に後の祭り。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.morgana.kerot&hl=en_GB
※これはくだんの英語版。
あらかじめ頼んであった英文だけでは足りなくて、不足分はGoogle翻訳で。
ずっとエキサイト翻訳使ってたけど、あからさまに英文に難があって(ニュアンスくらいはわかるので、あきらかにおかしな文章になっている)、そういえばGoogleは予測変換がすごいんだから翻訳もイケルのではとやってみたところ、これが実にナチュラル(に見える)。

ちなみに普通の自動翻訳では「ドット絵」は「Dot picture」と、明らかに二つの単語をつなげただけ。
ところがGoogle翻訳だとまず「Pixelated」と出て、しっかり「Pixel art」も候補にある!
※一応「Dot picture」もある。
海外では「ドット絵」では通じないので、翻訳された文章のその箇所を「Pixel art」に書き換えて、再度日本語に翻訳したところ、キチンと当該箇所が「ドット絵」になっていて恐れ入った。

で、実際どのサイトも無料というか善意なので、告知してもそれこそ有象無象あるアプリゆえ掲載がかなわないことが多いとのこと。
なので、どうかお眼鏡にかないますようにと祈るような気分。

そんな中、なにげなく遅い夕飯前にタイトルでツイッターのつぶやきをチェックしてみたところ、自分と身内以外に話題にあげているカキコミがあった。
しかも紹介の仕方が、僕の送った簡素な紹介文とは微妙に違う。
これはもしかして?と色めきだち、リンクのサイトをチェック。

なんと午前中に出したプレスリリース案内から、もうレビューを上げてくれていた!
それも1ページまるまる使って!
記述内容も、僕の超簡素なものとは比べものにならないウィットに富んだもので、スクリーンショットもふんだんに使って、楽しい文章になっている!
ネタ的な部分もしっかりフォローしてくれていて、なんだろう、記事に愛を感じた。
それがこちら。
http://www.moedroid.jp/51456.html
萌えドロイドという、萌え系に特化したAndroidアプリの紹介サイト。
正直、ケロ子が萌えキャラかと言えば、かろうじて女の子が着ぐるみみたいな扮装をしている点だけで、絵柄はどちらかというと海の向こうの感じ(デザインはカートゥーンをかなり意識した)。
逆に変わり種ということで拾われた可能性は大いにあるが、この際それはどうでもいい。

あんな素敵な紹介記事をいただけただけでも、おおげさでもなんでもなく心底うれしかった。
※当該記事を書いてくださったライターさんにお礼のメールも出しました。

これで少しは、いままで届かなかった人たちの目にも触れる可能性が出てきた。
なにしろAndroidには新着とかが無いため、いつどんなアプリがリリースされたか知るすべがない。
それは逆に返せば、苦労して作ったアプリを公開ボタンを押しただけでは誰も気付かないということ。
ツイッターやfacebookでも、結局は身内にしか知り渡らないし、そこから人づてで拡散にも限度が知れる。

テーマ:新作ゲーム - ジャンル:ゲーム

【2012/11/27 00:00 】 | ゲーム関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<カラスの親指 | ホーム | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2364-173249ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |