スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
となり町戦争
5/4(水) 天気 晴れ(さわやか)

昨日新宿に行ったおり、高円寺近辺では売っていなかったハードカバーを見つけ購入。
というわけで、なんとなく体調もすぐれなかったので外出せずに読書DAY。
つーか先週、高熱ダウンしたばかりだというのに、この風邪ぽい症状はなんだ?
やはり扁桃腺かも…。
もはや未練も何もなく、授業に支障のない時期に取ろうと決意。
それにしても原因らしい原因が分からず、気分が悪いです。

で、久しぶりに作者の印税貢献となったハードカバーなんですが、結局半日くらいで読破。あいかわらずむさぼるように読んでしまい、後日に回すことをしない損な性格。

さて内容なのですが、ある日となり町と戦争が勃発。そこに巻き込まれていく主人公というもの。
ただしいわゆる戦争活劇ではなく、主人公はラストではじめて戦争の傷みを実感する。
これがもう…。
なんともゆるやかに抑揚なく進んでいく話でありながら、戦争の悲惨さを見事に体験させてくれました。
不覚にも主人公に感情移入しすぎて読了後、なんともやりきれない気持ちでいっぱいになってしまった。
今年1月に初版で、私の買ったのは5版(しかも3月の日付)。
小説すばる新人賞受賞作品で、三崎亜紀という作者のプロフには生年月日と卒業大学名しかない。

ヤンジャンに載った広告(発行元が集英社なので)のそのタイトルと、シュールなあおり文に引き寄せられた私でしたが、これは本当にいい出会いでした。
戦争の悲惨さを実感させるべく、近しい人や自身の死によって描かれた戦争物はずいぶんと読んだり(映画などで)見たりしましたが、今ひとつ実感がわかなかったというのが正直な感想です。
しかしこの「となり町戦争」は、たしかに戦争の悲劇をまざまざと見せつけてくれました。
「あぁ、そういうことなのか」と。

変わらぬ日常にある日突然入り込んでくる戦争。
主人公巻き込まれ型のお話では、王道的な筋道です。
しかしこの小説の主人公は、最新鋭ロボットを操るエースパイロットになるわけでもなく、歩兵として最前線で血みどろの白兵戦を繰り広げながら歴戦の勇士になっていくわけでもありません。
それでも戦争の悲劇を、読者に体験させてくれます。

先だって読んだ「家族狩り」は家族をテーマにした長編サスペンスで、手に汗握る展開がおもしろく一気に読破しました。
しかし今回の「となり町戦争」は、いわば韓国映画「おばあちゃんの家」のようにゆるやかに日常を描きつつ、話が進んでいきます。ジェットコースターではなく、さながら観覧車のように。

私のようなちっぽけな読者でも作者に敬意を払う意味で、キチンと本屋で買ってよかったとつくづく思います。
感想が「すごいんだよ」しか出ないのは、ホント久しぶりです。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2005/05/04 00:04 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<フォーガットン | ホーム | 色男映画2本ハシゴ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/25-3b937d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。