デザフェス一日目
5/18(土) 晴れ(24度。快適)

一年ぶりのデザフェス。
この一年でドールショウに出るようになり、向こうの来場者のモラルの高さやしっかりした運営を体験し、今まではそれしか知らなかったから「こんなもんか」と思っていた部分が実は「そうではないイベントがある」ことを知ってしまい、正直前日眠りが浅くなるほどの高揚感はない。
ブースの設営は、いままでのキャンプ用折りたたみ机だけでなく、事務所で使っていた折りたたみ机(主に打ち合わせに使用)も持ち込み、けっこうなスペースを確保。

ところが忘れていた。
デザフェスには背後で隣接するブーストの共有スペースがないことを。

ようは完全に密着してしまうため、後ろからシマの端までいってブース外に出ることができない。
自分の広げた机を左右のブースギリギリではなく隙間を空けるか、もしくは机の下をくぐるか。
僕の体格ではその「くぐる」選択肢はない。おそらくちゃぶ台返しが起きて大惨事必定。

さいわいにも背後のブースの方が3ブースくらい取っていて、その壁を斜めに設置してくれているおかげで、こちらの後ろには充分なスペースがもたらされた。ありがたいことこの上ない。
机をとりあえず寄せてギリギリと折れる隙間を確保。
でも机にふれたら揺れて展示物が転がり落ちる可能性はかなり高い。
これは次回以降の課題。今回はたまたま何とかなったが、ラッキーパターンにはまらなければ最悪の事態を自ら起こすことになるもの。

開場時間の11時になっても、実はまだ設営が全部終わりきってなくて、いかに今までよりも展示物が多いかを体感。
一番最初に来てくださった方は、事前にチェックしていの一番に来てくれたそうで。
なんというありがたさだろう。
おそらくドールショウからの流れだと思う。
そしてうちに来てくださるのは、ほとんどがドールショウで知り合った方ばかり。
差し入れまでいただいて恐縮至極。
同好のよしみと談笑できるのも、こういったイベントでの醍醐味。
でも…ドールショウでいいじゃん?みたいな気分に。

とにかくハシビロコウの注目度がハンパ無く、すぐ隣に置いてあるオニオオハシはペリカンと言われる始末。
また動物ヘッドもそれなりに注目されるが、ど真ん中に置いてある大量のバジェット軍団は完全にスルー。
「触るな危険」ではなく「首が取れるので触る場合は一声かけて」の注意書きが効きすぎたのかもしれないが、明日もその掲示は下げるつもりはない。
というのも「注意 attention!」の表示があっても、それすら守れない輩がいるから。
子供ならまだわかるが、今回子供はあまり見かけない上、来ても触ることはなかった。
男性、それもミドル層がとにかく多い。女性の場合もあったが、八割は男性。
そして「頭が取れるのでいきなり触らないで」と言っても、反射的に「すいません」という訓練ができてないのか、謝った人は一人もいなかった。

うちのようなマスコットキャラならそれもまだわかるが、少し離れたフィギュアを並べていたブースでいきなり持ち上げて台座が落ちる場面を目撃。
てっきり気に入って買うから手に持ったのかと思いきや、買わずにそのまま行ってしまった。
恐縮しているようにも見えたが、ブースの作家が笑顔で「いいですよ、気にしないでください」的オーラで接していたのがとても複雑だった。

買う気もないのに、人形をいきなり持つなよ!

と、じゃあ終日イライラしていたのかというと、さにあらず。

蒲田の優秀すぎるアシさんが顔を出してくれたばかりか、まったく売れてなかったメカバジェットを買ってくれたり(その方も出展されているということで上の階までいったものの、ブース番号の正確なものがわかってなくて作品自体見られずじまいだったのが惜しまれる)、九年ぶりとなるかつての教え子さんが妹さんを連れてサプライズ訪問。
アイドル顔負けの美人姉妹で、そんな二人と談笑するスキンヘッドの派手シャツなおっさんという図式はさぞや周囲の羨望のまなざしを一身に受けただろうと思うと、実に誇らしい!

それ以外にも、まったく売れないわ、注目されないわのバジェット軍団に注目してくれる奇特な方とお話が弾んだり、特にiphoneのヘッドフォンジャックのマスコットの原型をバジェットで作ってみませんか?と誘われたのも、すごくうれしかった。

そう、好きな人に伝わればいい。そこでバジェット談義できればいい。
デザフェス本来の楽しみ方ですわ。
王道を若干はずれた動物を作って、それでちょっとした話ができるのがいい。
予想外だったのはハシビロコウが表面的にメジャーであることで、注目されても会話が割と成り立たないのが寂しい。
それじゃ単なる客寄せパンダじゃないかよ、と。

そして、売れる売れないで考えるまでもなく、ドールショウを知ってしまった今、出展者としてデザフェスへ寄せる期待はほとんど無くなってしまった。
デザフェスで知り合った方々には僕がお客さんとして出向けばいい話だし。

明日は今日よりももう少しバジェットでお話ができればいいな、と。
それだけを期待して。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2013/05/18 23:14 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<デザフェス始末記 | ホーム | 相棒シリーズ X DAY>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2545-249fb97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |