スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ヒストリー・オブ・バイオレンス
3/31(金) 晴れ(北風が強い)

明日は映画の日だというのに、わざわざ前日に見に行くリッチさ。
というのはウソで、ユナイテッドシネマのポイントが溜まっていて1本無料を行使しただけ(6本見ると次回の1本がタダになる。もうわたしのためにあるような特典です)。

で、散々悩んで「イーオン・フラックス」は明日のレイトショーにまわして、本命の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を選択。たぶん、この選択は間違っています。「イーオン・フラックス」にカネを払うことこそ贅沢の極みっぽいから(見てないけど、なんとなくダメそうなニオイぷんぷんしている)。

この映画の監督デビット・クローネンバーグは、わたしが成人になるかならないかの頃かなり熱心に見た監督の一人だったのですが、その後あまり観る機会が無く、「裸のランチ」以降ホントに久しぶりにスクリーンでの鑑賞です。
グロという表現で言ってしまうにはあまりにボキャブラリー貧困ですが、徹底した人体破壊描写をやってくれる監督さんで、しかも今回はタイトルからしてバイオレンス。
ストーリーとは別に、少々覚悟と期待をして見に行ったのも事実です。

上映している劇場も少なく、ほぼ単館に等しいので、かなりの映画好きじゃないと知らない映画だと思います。
わたしの場合、昨年たまたま聴いていたラジオで紹介され(もちろん本国での上映で、日本での上映は決まっていなかった)、その時に「これは絶対に観たい!」と思い待ち望んでました。

過去を消して平凡な家庭を築いた主人公が、ふとしたはずみで強盗を返り討ちにし、有名になってしまう。
ところがその結果、遺恨を残した相手が現れ…。
家族を守るために、再び暴力の渦に巻き込まれる主人公。
…と、こんなあらすじだと、よくあるハリウッドお気楽映画っぽいですが、描写がキツイのでまったく明るくありません。

エグイのは暴力描写だけではなく、やけに濃厚なSEXシーンもあり妙に生々しい。
暴力とSEX、そのどちらも「生(せい)」を感じさせるからかもしれませんが、前半のシーンはかなりキます。とにかくイヤらしい。
そして暴力シーンも同様です。
主人公がかなり合理的に殺人をしていたことがわかるのが、その手口。
のどを狙うんです。
たいがいの映画では顔を殴って文字通りぶっ飛ばすのですが、この映画ではいきなりのどを突いて動きを止め、ひるんだところを徹底的に痛めつけます。

ネタバレになるので多くは語れませんが、あのラストシーンは久しぶりにぐっと来ました。
いい映画です。
でも11人しか劇場にはいませんでした…。
つーか最初の一人がわたしで、「まさか貸し切り?」と、内心ビビってました。
初めてですよ、だれもいない劇場に入ったのは。

テーマ:ヒストリー・オブ・バイオレンス - ジャンル:映画

【2006/03/31 20:54 】 | 映画鑑賞記 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<日がな一日ゲーム | ホーム | ようやく実感しました>>
コメント

デビット・クローネンバーグであきらかにバイオレンス、観たいけど、、どうしよう?と迷っておりました。
ラストがぐっとくるのなら思い切って行ってみようかな。

ユナイテッドシネマのポイントシステムは知りませんでした。GOODな情報でした。
【2006/04/02 21:55】| URL | 小さな小さな企画屋の社長 #-[ 編集] |
クローネンバーグ、ご存じでしたか!
企画屋の社長さん

知らなかったのですが、最近はデビットではなくディビットと表記するみたいです。まぁ実にどうでもいいことなんですが(苦笑)

ラストシーンの捉え方は、けっこう賛否両論あると思います。
ひょっとすると「おいおい…」と思うかもしれませんし、ぐっと来るかもしれません。説明的な部分が意図的にほとんどカットされているそうなので、そういった意味をふまえるとあのラストが生きてくると思うのですが。

ユナイテッドシネマのクレジットカード機能のない会員券は、ぜひお勧めです。入会金取られますが、入ると同時に1本無料。1年間有効で(ただし翌年も継続する場合はポイントは引き継げるそうです)、6本見ると1本タダは実においしいです。
昨年それを使って「宇宙戦争」の初日を見たりしました。ですので、特にタダ券行使に制限はないみたいです。
【2006/04/02 22:23】| URL | maruzoo #-[ 編集] |

私もぐっときました。やっぱり、良い方に解釈しちゃいますし…。 それにしても、人は入ってませんね!私も金曜のレイトショーで20人未満で見ました。良い映画だと思うんですがね~。
ちなみに私も危険を感じたので「イーオン…」は劇場で観るのは諦めます。
【2006/04/08 18:29】| URL | エーキチ #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/256-81d211b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。