ワールド・ウォー Z
8/16(金) 晴れ(35度)

昨日大感激した「パシフィック・リム」の2D字幕版が、最寄りのシネコンではなんと夕方にならないと上映しないことがわかり、せっかく会員特典1kで見られるからと予告編でいささか地雷臭のする「ワールド・ウォー Z」か本日公開の、なんかつい先日も同様のネタ映画があった「ホワイトハウス・ダウン」と迷ったのだけど、ここはゾンビ好きという自身の嗜好性から「ワールド・ウォー Z」を選択。「ホワイトハウス・ダウン」はエメリッヒなので、まぁいつものお約束の主人公絶対無敵パターンだろうし。

で、予告編やレイティングが特にないこと、さらにはブラッド・ピットがどうしてもやりたくて買い上げた版権なのに自分自身が出て「オレ映画」になっている臭がプンプンするので、正直期待値よりも不安感の方が大きかった。
運動能力が異様に高い攻撃的な全力疾走ゾンビは、すでに「ゾンビ」の原題だけ使ったリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」であったため、絵的なすさまじさはもはや繰り返し流されている「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグズのゾンビ版のみ。組み体操の如く、壁をよじ登るシーンが印象的なショットとして使われているが、「スターシップ・トゥルーパーズ」の取り残された砦で荒野に広がるバグズの大群を目にしたときの絶望感にはほど遠く、「あぁ、CGすごそうだね」程度。

原作は未読だが、群雄劇で主人公が一人でないゾンビパンデミックの口伝ものだそうで、それをブラピ一人に焦点させる時点で、予想の斜め上を行くすばらしいまとまり方をさせるか、ウィル・スミス主演のような「オレ映画」に成り下がるかの二択。おそらく中間点はないだろうと予想していたけど、まさに後者があたってしまった。

ハリウッドのディザスタームービーでは、絶対子供と犬が死ぬシーンは流さない法則がある。
そして主人公の家族は、仮に生き別れになっていたとしても、誰一人として欠けない。
映画なんだからご都合主義でいいじゃん!という向きもあるだろうが、僕としては「危険は必ず回避できるいわばジェットコースター」と同じで、ハラハラドキドキ感がその場しのぎである点が、どうしても気になってしまう。
別に家族が次々に死んでいくのを望んでいるわけではないが、二人娘がいるなら片方は死ぬべきだし、残された家族をこれ以上減らさないために奮闘する父の方がより感情移入できると思うのだけど。
エメリッヒの「2012」などその最たる例で、主人公チームだけ無事にすべての災害を乗り越えて、都合よく飛行機なんかで脱出して、それ以外の有象無象は以下にビルが崩れようとも高速道路が車を丸ごと飲み込んで崩壊しようとも、そこに人がいることが感じられずに、ただの背景然としていて本当に興ざめしてしまった。
前作の「デイアフタートゥモロー」もたいがいな映画だったが、まだ無敵感がそこまで至って無くてよかったのに。

そして「ワールド・ウォー Z」は自然災害が相手ではなく、ゾンビである。
等身大の同じ大きさ、より臨場感はあるはずなのに、主人公家族はまるで無傷。
死に要員としてサブキャラが出てきては役目を終えて死ぬというやり方に、ほんと辟易とした。

例えば、最初のパンデミックシーン。
主人公の車が、渋滞の列をなぎ倒すトラックの後ろについてその列を抜けるのだけど(救急車の後をつける不貞な輩と同じやり方ね)、彼の車に誰もついてこない!
一台くらい後からついてきてもいいだろうにっ!

また思わせぶりに主人公の上の娘はぜんそく持ちなのだけど、伏線でもなんでもなく消費される。
例えば薬局を探してさまようなんていうシチュエーションが考えられるのに、なんと主人公には政府からヘリが救出にやってくるので、その設定はなんの意味もなくなってしまう。

誰でもが見られるようにと残酷描写(ゴア描写)は一切無いことは、さほど作劇に足かせを与えていないのに、どんな窮地でもキズ一つ追わずに助かる感満載のブラピがすべて悪い(一応怪我はする)。
なにしろ相手がゾンビなので、傷を負ったらおしまいということもあるが、それでもヒリヒリとする焦燥感のあったロメロ御大の「ゾンビ」と「デイ・オブ・ザ・デッド(死霊のえじきだったかな邦題は)」とはほど遠く「どーせ助かるんでしょ」なにおいは、ついに最後まで消えることなく。

ケーブルテレビの「ウォーキングデッド」の方が、はるかに手に汗握るどころか、背中にいやな汗をかいてしまうほどの緊張感があった。

あくまで僕的な印象だけど、「走るゾンビにアタリなし」だ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/08/16 20:43 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<パシフィック・リム 二回目(ネタバレ満載につき注意) | ホーム | パシフィック・リム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2645-b0d89ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |