SOME CANDY TALKING 高円寺high
12/27(金) 雨のち曇り(8.8度)

昨日よりまたのどに違和感。
また風邪をひいたのかもしれない。なんというもろい身体か…。
ただ今日は高円寺でプラムソニックの出演するライブがある。
前回、同じ場所のライブを、やはり調子が思わしくなくギリギリ悩んであきらめてため、今回は這ってでも行きたい。
というのも先日のPerfumeドーム公演が自分的にかなり不完全燃焼であり、このモヤモヤをスッキリさせたかったと。

ただ高円寺highはフロアが禁煙で、音もいいハコ。
といっても去年は一度も足を運んでないかもしれない。オーラルヴァンパイアを見に行ったのが最後か。
入ってみて驚いた。
こんなに狭かったっけ?
もう少し広かったイメージだったが、ライブハウスに行くようになったきっかけとなるバニラビーンズのライブを見に行ったのが初めて。まだ赤黒の衣装の頃で、ちょうど新年明けてすぐだった記憶。あのときの対バンがオーラルヴァンパイアで、そこから聴くようになったんだっけ。

開演時間が押したようで、ちょうどトップバッターのバンドがやり始めた頃に到着。
背後のプロジェクターに「Ruby」と書いてあった。
ゴスっぽい格好の女性ボーカルと、なんだかゴテゴテにデコレートされたショルキーのビジュアル系のような格好の男性となんだか普通の格好のギターとドラムという構成。
ベースがいないのね。
ボーカルの子、なんかすごくハイキーで、ちょっと歌が聴き取りづらい。
でもなんかおもしろい歌い方。
ケロミンの小さいのを使ってたけど、これも周りの演奏にかき消されてしまい、もったいないなあ。
ショルキーの方のMCが結構おもしろかったのに、フロアで笑っている人いなくてアウェーなのかなと思ったり。

時間的にまだ早い時間だから、フロアも隙間がかなり目立つ中、プラムソニックが登場。
最前列いきなりぶっ込む勇気はなかったけど、かなり前寄りで見ることに。

プロジェクターに映し出されるVJがお世辞抜きでかなりかっこよく、またキーボードのY.Kさんが八墓村よろしく頭に二本レーザーポインター光らせていて、映像とのマッチングがすばらしい。
続いてボーカルの結羽さんが登場。手首に光るリング、手には同じく光る銃?を持ってる。
VJをかけている関係上、演者は逆光気味。
ただそれゆえ、装着した光り物が映えて実にかっこいい。
映像とトータルコーディネートされてる印象。

一曲目はなんと「素粒子マクロファージ」。この曲、ライド感があって楽曲の中でも特に好き。
でも好きな曲なのに、サビに来るまで曲名がわからなかった。

というのも、音源で聴くのと全然印象が違うのだ。

打ち込み系テクノなので、ライブのハコでの爆音になるだけで、ボーカルの生歌の印象の変化くらいだろうと高をくくっていたが、これはうれしい誤算。

普段CDで聴くのとライブで聴くのが違うのは、生演奏のバンドものの特権だと今日の今日まで思っていたし、テクノ系でもボーカルが生で聴ければいいやとしか考えて無くて、打ち込みとキーボード演奏なのに、ここまでCD音源と曲の印象が変わることに、ある意味衝撃的ですごくうれしかった。

CDを初めて買ったのが四枚目のアルバムがリリースされる直前だったと思うので、音楽を聴くようになって二年くらい経つ。
今まで幾度となくライブに行けるチャンスはあったのに(去年後半は経済的な理由で難しかったが)、今日まで足を運ばなかったことに激しく後悔した。

ボーカルの結羽さんは伸びやかに歌いとても元気いっぱいで、キーボード演奏のY.Kさんも激しいノリ。

何だろう、この楽しさ。

映像、パフォーマンス、音楽、どれも世界観がバッチリ決まっていて、近年まれに見る目から鱗のライブシーンだった。

帰宅後、復習ということで聴いているけど、これはこれでいいけど、やっぱりライブがいいなあと。
結羽さん、ぴょんぴょん跳ねていてかわいかった。

アルバムは全部持っているのだけどこの興奮を伝えたいし、ツイッターでよく目にするシールがおまけにつくということで物販スペース脇で待機。
正直、興奮冷めやらぬまま次のバンドで薄まるのが嫌だったので、そのまま帰る方が好ましかったのだけど。

ただ次に登場したRISというモデルのような女性ギターボーカルと、男性ドラムというちょっと不思議なユニットもけっこう良かったので、これはこれでよし。

デビューアルバムから押さえていくことも考えたけど、ここは大好きな曲の収録されている四枚目をチョイス。
シールだけでなく、サインもいただいてほくほく。

惜しむらくはキーボードのY.Kさんともお話ししたかった。
結羽さんに「CDと曲の印象が全然違っていて、すごくよかったです!」と興奮気味に伝えると「ライブでやるうちに変化していってこの形になった」とのこと。

そうだよ。ライブは楽曲がアップデートされていく楽しさもあるんだよ!
打ち込みテクノ系でもただ音源データを爆音でかけて、ちょいちょい小細工するようなエフェクターでごまかすのではなく、プラムソニックのようにキーボード演奏でもまったく印象が変わるようにすべきだわ。
ボーカルの結羽さんの首元、ライブ終了間際には汗で光っていたから、その熱量をもっとフロア全体で受け止められればサイコーなのに。
池袋の電マニがホームのようなので、奇数月の第三日曜開催(しかも今年で十周年だそうで!)は予定を入れないようにしないと。
ホーム公演だと、またさらに違う印象になるんだろうなあ。
楽しそうだなあ。

比べるのも失礼な話なんだが、音圧も全然でアレンジも皆無だったPerfumeのドーム公演より、お世辞抜きではるかによかった。

なんか興奮気味に「すごくよかった」しか言えない貧困なボキャブラリーが恨めしい…。
きもい、おっさんじゃないか、これじゃ…。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2013/12/28 00:38 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<風は吹くのか!?vol.6 新宿ロフト | ホーム | Perfume 東京ドーム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2778-3928b964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |