hachiフェス@新宿MARZ
1/24(金曜) 晴れ(12.0度)

実は明けましておめでとうだったアニモ出演イベント。
昨年末、秋葉原でハロプロイベントがラスト。そしてツイートもめっきり減り、もはや活動しているのかしてないのかわからないくらいの状態。
もともと忙しい人なので、繁盛記になるとつぶやきが激減していたから「きっと猛烈に忙しく大変なのだろう」と思っていた。
FBでは近況がTwitterよりも詳細に書かれていて(単純に文字数の関係だけど文字が多い分、普段ははしょられる部分が書かれていたり。例えば決意とかね)わかっていたので、今は冬だし春になればカエルも目が覚めるもの。それをじっくりと待つことにしようと決めた。

最近好んで使っている表現で、遊星爆弾で放射能汚染され地下都市に逃れた市民がイスカンダルに旅立ったヤマトの帰還を待つがごとく。

で、それなりに楽しみにはしてたのだがDJだし歌も一曲だけなので、フードフェスも兼ねていると言うからそっちをメインに、あとは物販でいろいろお話が出来ればと言うスタンス。

ところが19時半過ぎに到着予定が、間違って隣のライブハウスに入ってしまい(自信を持って間違えた)、そのタイムロスでキーマカレーが食べられず。
目の前の寸胴にはカレーのにおいがするのに、今は出せないと断られる始末。
時間設定だから仕方ないとはいえ、ガッカリだ。

なんかベビースター的な紙コップに入った揚げ麺をひたすら食べ、ごく少量の牛すじカレーを一杯だけ。なんか、全く満足しない。山盛りでくれって感じ。ライブハウスだから仕方ないんだろうけど、だったらフードフェスを名乗るなよと。僕のような食べ物メインで来る客はいないんだろうけどさ。

肝心のアニモDJなんだけど、僕はファナティックに応援する人ゆえ、厳しいことも平気で書きます。

今回はひどかった。

というのも機材にまず慣れていない。
だから最初にかけていた曲は籠りまくりで、なんて音の悪いハコなんだと思ったほど。
途中スタッフが調整して直っていたけど、なんであんな設定にしてあったの?
渋谷クロールではラジオのディスクジョッキー的におしゃべりしながら曲をかけていく感じが良かったのに、機材がうまく扱えないためかトークの音量が小さく、よく聞こえない。
そのせいで曲が終わって次がスタートというつなぎがてんでダメ。

もともとシームレスにつないでこそのDJだと思っている人だし、電マニでもDJがやっていたが歌詞のない曲をいつ切り替えたのかわからないようなやり方の方が僕は好みなので、このただ好きな曲を無作為にかけ続けるスタイルは好きになれない。
しかも選曲が微妙に古いアニソンとかアイドルソングなんで、身体も全く動かない。

電マニで全く知らないバンドが出て演奏していてもノれたのは、生演奏だったからか?
二週続けて生演奏の超満足ライブを体感しているから、爆音CD音源やオケ演奏では、まったく気分が高ぶらない。
もちろん単身活動せざるを得ない状況で演奏しろとは言えないし、バックバンド引き連れてというのも無理な話。
だからこそ早くblue chee'sではない、アニモのユニットで活動してほしい。

ひょっとしたら単身でオケ演奏の歌唱メインになるかもしれない。
今日日アイドルのコンサートなんてみんなオケ演奏だし、むしり生演奏バックでやること自体少ないんだし。

物販前に階段そばでお話しできる機会があったので、むしろ今回はこっちがメインだったような気もする。素敵なメッセージ入りお土産もあり、そういった意味では不満と行ったら罰が当たる。

でもやっぱりライブやイベントに行ったら「歌が、演奏が、すごくよかったです! 特に何曲目のXXが!」と感想を興奮気味に伝えたい。
対バンで初めて聞いて、結構耳に残ったから物販に行き「今日初めてみたんですが、曲かっこいいですね!」と伝えるのが好き。

ようは「音楽を聴きに行っていって、それに満足した」というのが、僕のライブの基準。

演者と一緒に騒いで楽しむスタイルは僕には無理。
今日、他のヲタ連中がDJブースの前で激しくヲタ芸を披露していたが、僕自身あのノリにはついて行けないし、そっちにシフトしていくなら僕はもうアカンわ、と。

例えば振りコピ。
定番のものがあって、それで会場内が一体化するのは楽しいんだけど、未だにケチャには抵抗あるし。なんかアレ、ダメなんだ。繰り出す手の動きが生理的に気持ち悪い。手首もぎたくなる。

あとはアニモの上昇志向の強さが結実してくれることを祈るばかり。
おいそれと話しかけられないくらいのステージに駆け上がってくれることを望む。
ちょっと寂しくはなるけど、同時に誇らしくもあるから。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2014/01/25 00:54 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ゼロ・グラビティ | ホーム | 電脳マニアックス 十周年>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2809-ce016ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |