スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ゼロ・グラビティ
1/30(木曜) 曇り一時雨(15.9度)

これは劇場で見なければと思いつつ年を越し、見た人の話を聞くとたいがい興奮気味なもので、ますます見たさが募る。
どうせ見るならやはりIMAXでと思い、いつも利用しているユナイテッドシネマとしまえんでまだ上映しているかと調べたら、もうじき公開二ヶ月になるというのに上映回数が何回もある。
これは行かねば!と、朝一の回をチョイス。

問題は僕のガチャ目。
「パシフィック・リム」も最初IMAXで見たのだけど、正直言われるほどの立体視が出来ず、しかもいつものように前の方で見たため画面が追い切れず、字幕ばかりが目の前を漂うという悲惨な状況。もちろん2D字幕版で見直したが、ディテールは2D版の方がずっとわかりやすかった。
そういえば、昨年は劇場で映画を見る回数がさらに減ってしまい、としまえんで見たのは「パシフィック・リム」が最後で、劇場で見た最後が「クロニクル」。ようは半年も劇場に足を運んでいなかった。
見たい映画はその間にもたくさんあった。
一昨年のように経済的に厳しくて我慢したわけではなく、単に見に行く機会を逸していたにすぎない。でも劇場で見逃した話題作のなんと多いことか。

でも「ゼロ・グラビティ」は劇場で見ないと、その臨場感が味わえない。
巨大スクリーンに映し出される宇宙空間は、見た人によれば「まるでプラネタリウムで映画を見ているようだった」そうだ。

しかしならば公開時にすぐに行かなかったのはなぜか。
それは映画自体が役者以外3DCGで作られ(なんでもセットは作らず、すべてグリーンバック合成だったそうだ)、ようは「これってCGムービーじゃないか」と、見てもないのに自身にストッパーが効いてしまっていたから。

結論から言えば、見て大正解だった。
冒頭の15分近い1カットで展開されるシーンには感動すら覚える。
1カット、すなわち場面転換がない状態で、カメラは被写体に寄ったりひいたり、別の被写体にパンしたり、それこそめまぐるしく動く。しかしカメラ自体の動きはゆっくりなので、目が回ることはないし、意識しなければそれが1カットで収められているとは気づかない。
そしてそれは地球のすぐそばで行われるので、あるときは下に、またあるときは上に写る。
そういえば月は一度も写らなかったな。

劇中にも長い1カットが何度も使われていて、それをイメージした監督ももちろんだが、撮影監督の手腕たるや筆舌に尽くしがたい。
百歩譲ってCGムービーならまだわかる。
役者がそこで芝居をしていて、しかも無重力状態。
もう一体全体どうやって撮ったのか、撮影設計の緻密さたるやめまいがする。

そんな調子なので、宇宙空間の没入感は尋常じゃない。
これぞ映画。
大げさな表現にCGを使って、何ともわざとらしい印象になっている昨今の映画とはエライ違いだ。
予告で見たスパイダーマンは確かにスゴイ映像表現だが、なんかCG感がうっとうしくてたまらなかった。もちろんあんな絵作りが出来る時点ですごいんだけど…。

とまあ、映画としては大満足だったのだけど、唯一の不満はやはり3D効果。
夏に「パシフィック・リム」を見た時よりかなり後方で見たせいもあるのかもしれないが、冒頭の劇中よりも圧倒的な3D表現のIMAX紹介画面ですらたいしたことがなかった。
どうやら左目の視力が、右目の視力よりもかなり落ちているようだ。

先端恐怖症ゆえ、コンタクトは死んでも使えないからめがねオンめがねしか3D映画を堪能するすべがない。
あきらめて2Dオンリーにするか、思い切ってめがねを作るか…。
まいった。
普段の倍近い値段を払って(貧乏性なので基本レイトショーかサービスデイ狙い)見たというのに、その恩恵にあずかれないさみしさたるや。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/01/30 20:41 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<キック・アス/ジャスティス・フォーエバー | ホーム | hachiフェス@新宿MARZ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2816-60b6d8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。