スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
平成ガメラにハズレなし
5/3(水) 晴れ(気持ちの良い青空)

子供の頃から怪獣が大好きだったけど、ガメラは正直あまり好きじゃなかった。
なんせ亀だし、火を吹いて回るし。
いまいちかっこいいとは思えなかった。
ただ対戦相手はどれもインパクトがあり、特にギロン(包丁頭の怪獣)が大好きだった。

平成の世になり、ガメラが復活した。
当時のゴジラは毎回劇場に足は運ぶものの満足するにはほど遠く、あからさまに子供だましの手抜きにしか見えなかった。
いや、あれで子供がだませると踏んでいる東宝に腹立たしかった。
そんな中、ガメラだ。
てこ入れのテレビスポットを見て、度肝を抜かれた。
回転ジェットしてる!
しかもかっこいい!!

ちなみに平成ガメラ1作目は2度、2作目は1度、3作目に関しては3度劇場で見ている。
それもロードショー期間中に。
それほどハマリ、大満足だった。
たかが亀をあそこまでかっこよくアレンジし、しかも昭和ガメラへのオマージュも忘れない。

残念ながら平成ガメラは3部作で終わってしまい、ようやく復活したと思ったら別作品。
しかもガメラが…。
かっこわるい…。
なんだ、このセサミストリートなデザインは!
平成ガメラ(3部作)を返せ、今すぐ返せ。

そんなもんだから、見に行く予定は限りなくゼロに近かった。
特撮系サイトや雑誌で「けっこういい」と言われても、どうせ盲信的な記事で精度の低い情報としか認識していなかった。

そんな中、知り合いの日記にガメラを見たという感想が書かれていた。
盲目的な特撮ファンじゃない彼が、なぜガメラなのかはわからない。
おそらく友人に誘われてなかば無理矢理だったに違いない。
なのに「よかった」と。

どんな記事でも心動かされなかったけど、この一文で見に行く決意が固まった。
もしダメだったら、とりあえず「おめぇの感覚はどーかしてるぜ、このこんこんちきが!」と当たり散らせばいいし。

いや、もうサイコーですよ。
レイトショーに一歩届かず、19時からだったので1.5kでしたが大満足です。

冒頭のギャオスとの死闘で、すでに鳥肌ものでした。
そして新怪獣ジーダスの悪さ加減も実にいい。
話自体もとても丁寧で、父と子を軸にうまくまとめて、ラストのバトンリレーで「これはないだろ」と思わなければ絶対に満足できます。
ちなみにわたしはあれはアリだと思いました。
子供のガメラが闘ってると考えれば、あの手法は充分イケテルと思います。

となりに住んでるちょっとおねぇさんとか、良すぎるでしょ。
小さな設定が丁寧に生かされて(お母さんが交通事故で亡くなってるゆえに、トトが轢かれそうになった時に心動かされる主人公とか)、実に気持ちよかった。
たしかにしょっぱい絵もあるけど、話がしっかりしているからそれほど気にならない。
なんせあのデザインのガメラが、最後はかっこよく見えるんだから間違いないです。

昭和ガメラのオマージュとしてギロンが出てくるのは、こ憎い演出で思わずニヤリとさせられました。
たぶん今日の劇場で気付いたの、わたしだけだと思います…(他は数名の親子連れだった)。

「なんだかわかんないけど、ガメラは人間の味方なんだ」
これぞSFでしょ。
無駄な設定なんかいらない。
とにかく人間のために闘っている姿を見せればそれでいい。
説明より絵だ。

昨今、設定でガッチガチになって身動きとれない話が多いだけに、これは実に痛快でした。

今度のガメラも、もう一度見に行くかも。
いや、決して予算は潤沢じゃないハズなのに、キチンと娯楽作品になっているプロの仕事でした。
それにひきかえ「最終兵器彼女」は…。

テーマ:小さき勇者たち ガメラ - ジャンル:映画

【2006/05/03 23:55 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<トムヤムクンの正しい見方 | ホーム | 映画の日ハシゴ 良かったり悪かったり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/291-a968f3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。