テルマエ・ロマエ2
5/6(水曜) 曇り(17.2度)

連休最後の日。
繰り返し流されるコラボCMと、どうしても大がかりすぎてあまり面白そうに感じない予告編から

レイトショーの「テルマエ・ロマエ2」を見に行く。
というのも日中はほぼ席が埋まっていて難しかったからというのが本音。

実際、上映開始が21時45分で終了がほぼ0時。
明日からお仕事という人たちにとっては、いくらレイトショーで安くなるとは言え、この時間は選ばないだろう。
それなのにスクリーンは日中よりも100席くらい多い大きいハコ。
案の定ガラガラだった。

冒頭、コロッセオの全景から満員の観衆なめ、グラディエーターという描写。
300みたいに手足吹き飛ぶわけでもなく、迫力はイマイチ。
いや、テルマエに手足もげる描写を期待する方がおかしいし。
それにしてもこのグラディエーター役の人、ものすごく体格が良い。
誰だろう?

※結局、役者がわからずじまい。ただエンドロールで曙の文字あり。実はグラディエーターは曙その人だった!

正直、最初のくだりはいかにも「前作があたったのでスケール大きくしました」的なアプローチで、こういったたぐいは風呂敷広げすぎてたためずに破綻しつまらなくなるのがオチ。
予告編でも繰り返し流されるコロッセオ全景、グラディエーター、馬上のかっこいいケイオニウス等、どれをとっても前作にあった特有のゆるさが感じられず、一方では原作には無い相撲取りやウォータースライダーなどの狙った描写も今ひとつピンとこない。

そんな懐疑的な気持ちでの鑑賞ゆえ、冒頭のシークエンスにイヤな予感しまくり。

ところがどうだ
いざルシウスが日本にやってくると、あいかわらずどいつもこいつもいい人だらけの人情活劇。
予告ではピンとこなかった相撲取りたちも一つのシーンとして描かれると、これはこれでおもしろい。
そう、前作にあった妙なゆるさがそこにはキチンと描かれていた。

そこからは前作と同じ展開。
ネタに困ると平たい顔族の世界にやってきてカルチャーショックを受ける。
これの繰り返し。

ただ違う点は、前作で古代ローマに行った連中がちゃんとルシウスを知っていて、しかも涙を流すと元の世界に戻ってしまうことを共通認識として持っている点。
原作には無い要素だけど、僕はこの設定は何の前触れも無く戻ってしまうよりもよいと思っている。

気になった点もなかったわけではない。
というのもパロディのネタ元が四十代以上じゃないとわかりづらいようなものが多いのだ。
松島トモ子のエピソードや指圧の神様・浪越徳治郎は今の若い子は知らないはず。
ゴッドフィンガーというと、むしろ加藤鷹の方がポピュラーかもしれないし。

「わかる人には笑ってもらう」は「わかる人」には楽しいけど、わからない、知らない人には楽しめないように思うし、あまり多用はしない方がよいような気もする。

前半の小ネタのつるべ落としから、後半のシリアス展開は前作同様だけど、それでも後半には後半でしっかり笑いのシーンが入っていたため、前作ほどだれることは無かった。
一部よけいな新設定が気になったものの、ある意味エンディングで違う未来が描かれていたので、そのための前振りだったのか?とも感じる。

そして前作以上にメタ構造になっているのもよかった。

なにより入浴シーンということで、阿部寛の美しすぎる尻、北村一輝のビルドアップされた肉体、上戸彩のギリギリなつぶれ横乳など、違った意味でも見所満載。

良い意味で前作通りの二作目というできに満足だった。
無駄にスケールアップした部分は否めないが、それでも小ネタをちゃんと使ってくるし、安心してみて笑える良い映画だった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2014/05/08 00:38 】 | ドラマとかテレビとか | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<デザフェス39始末記 | ホーム | ドールショウ40>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/2916-7d5640fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |