OFFの過ごし方
5/15(月) 晴れ(平年並み)

通常業務がわりと密に入っているため、外部との打ち合わせとかのために月曜はその予備日にしてます。
で、今日はなんの予定もないのでOFF。

平日休みといったら、神保町まで車飛ばしてまんてんでカレーを喰らうのが、わたしの中では至福な過ごし方なのですが、障害多数のため断念。

その1が、ガソリンの急騰。
神保町往復すると、残り少ない燃料が底をつき、当然痛い出費が。

その2が、腰痛。
先週の水曜、横浜業務の出勤途中からにわかに痛くなり、その時はしばらくしておさまったんですが、どうやらこの寒暖の差にやられたようで。
動けないほどではないのですが、ここは養生を決め込もうと。

その3が、かかりつけの病院に薬をもらいに行ったこと。
2月から東京医大に世話になっているあまり、うっかり普段服用するよう言われていた薬をここしばらく完全に忘れていて、それをもらいに行っただけ。
診察はなく処方箋をもらうだけなのに1.4k飛ぶのは仕様です。
これはイヤミではなく、実際に特定の生活習慣病の場合、これが適応されてしまうのです(初回の時、看護婦さんがとても申し訳なさそうに説明してくれた)。

で、どうしたかというと、1面だけ背景を作り(仕事だ…)あとは、借りたマンガを読みふけりました。

わたしは単行本でマンガを読む習慣が無く、誰かに勧められ無理矢理貸してもらってようやく読む程度。
別にマンガがキライなわけでもなく、毎週路上販売員からヤンジャン買ってますし。
ただ、あまりマンガ自体に興味がないのも、また事実。

なんせ小学校にあがり教科書でマンガ紹介され、その時はじめて読んだのですから。
それまでは見るといたら図鑑ばかり。おかげでおおよそ一般人ではなじみのない動物の名称も、しっかり頭にはいっています。
例えば青い(青緑)小さなカエルを見かけたとします。
普通はアマガエルか、アオガエルと呼ぶでしょう。
わたしの場合、小学校低学年の頃からシュレーゲルアオガエルと呼んでました。
ただ、今うちにいるカエルは当時の図鑑に載っていなくて、ショップで見かけたときに悔しい思いをしました。

さて、その借りたマンガというのは「蟲師」です。
マドンナと歓談した際に勧められ、きっとハマると言われましたが、本当にハマリました。
6巻借りたのですがこの2日で読み終わり、これはぜひ手元に置いておきたいですわ。
昨今の風潮、殺伐としたバトルものや感動させるために人の死ぬ安っぽいメロドラマものには、ホント辟易していたので、こんなマンガがあるとは思いませんでした。
そうそう、主人公が片目で銀髪というのは、やはり鬼太郎(片目で黄色い髪)に対するオマージュなのかな?と。
こういったアプローチなら、誰も「パクリだ!」と鬼の首でも取ったように騒ぎはしないでしょう。
それにしても、いい話が多い。というより、どれが一番というよりも甲乙つけがたい秀作揃い。
このイマジネーションは、いったいどこから来るのだろう…。
すげぇや。
なんだかいいもの読みました。

実は、このタイトル、まったく知らなかったわけではありません。
新聞欄でタイトルだけは目にした記憶があるのですが、その際「どーせギャルものだろう。くだらない」と実際の内容を調べもしませんでした。
というのも「蟲」という字に抵抗があったようです。
それに深夜アニメですし。
女の子の主人公は、今日日見たいと思いませんので…。
今思えば、何か引っかかって目に飛び込んだその文字を、ネットで検索すればきっと…。

まぁファーストインプレッションがマンガの方が、イマジネーションが湧くのでこれはこれでOkayかなと。
それにしてもDVDは高いですのぅ。
アニメのDVDが高いのは、ビデオの時代からなんら変わってないのですね。

【2006/05/15 22:20 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<間宮兄弟 | ホーム | オープンウォーター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/304-4ef0252c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |