森高千里 Autumn Tour 2014 ~LOVE~
11/18(火曜) 晴れ(15.9度)

森高千里のコンサート(やはり世代的にライブと言うよりもコンサートがしっくりくる。違いはさっぱりわかってないのだけどイメージで)は、おそらく中野サンプラザで行われたROCK ALIVEツアーが最後だと思う。
古今東西、大学の学祭、森高ランド、そしてROCK ALIVEの多分四回。
パンフは学祭以外買ったけど、ずいぶん前に古本屋に高値で処分してしまった。
まだきらびやかな衣装の頃の森高、打ち込みの森高、斉藤英夫作曲の森高がベストな人だったから。

正直、今のリアレンジ(200曲カヴァー)はどれひとつピンとこない。
原曲の良さが消されている気がしてならず、ようは斉藤英夫原理主義的堅物なわけ。
だったら今の森高を聴かず、二十年前のアルバムだけを聴いていればいい。

本来はそうだった。
youtubeの感想にもわざわざ否定的なコメントを書いてしまうのは、どうしても元の曲が好きすぎるから。大好きな勉強の歌とか悲しかったもの。

ではなぜ手数料含めると9k以上する(しかもドリンク代別だから10kといっても過言では無い)チケットを取ったのか。
実は取れると思ってなかった。抽選だったし、同時期のPerfumeはあっさりダメだったし。

いざチケットが取れても、当日になるまでわくわく感は微塵も無く、ただただ不安だった。
すでに行われた同じツアーでのセットリストを見ても、知らない後期の曲がいくつもある。
おそらくテッパンである「私がオバさんになっても」や「この街」「GET SMILE」はやるだろう。
しかしリアレンジは、特に「GET SMILE」がまったく響いてこない。
男声英語コーラスを意図して外しているようにしか思えず、特に「GET SMILE」は「ザ・森高」に収録されたコンサートバージョンが最高に好きで(当時先行してコンサートで演奏されて、あまりにかっこよくてしびれた口。当時LDには収録されていたはずで、よく見ていた。記憶違いかもしれないけど)、あれじゃないとコンサートじゃ無いだろ!くらい思っていた。
ただ直前にyoutubeで再度リアレンジされた「GET SMILE」はコンサートバージョンのメロディが途中から入っていて、少しだけ上がった(コーラスはやっぱり無い)。

たしかに生の森高の歌唱は聴く価値がある。
だから無い物ねだりするのは止めて、今の森高を楽しもうとZEPP TOKYOに向かった。

平日の5時半開場なのに、けっこうな列。
もう完璧にミドルエイジの男性だらけ。僕ももちろんその中のひとりだけど。
会場に着かないと席番号がわからないシステムゆえ、発券してみた番号を見て驚いた。
4列!
しかもステージやや右寄りの通路から一つ入ったところ。
よりによってギターの高橋諭一の目の前という。
斉藤英夫原理主義的なので、完全な逆恨みだけど高橋諭一は好きじゃない。いや嫌いなのに。

開演は一時間後の6時半。
とりあえずパンフとタオルを買った(タオルは早速首にかけて汗拭きように)。

のっけの「私がオバさんになっても」では振りコピができなかった。
でも後半の「この街」では自然に腕が上がった。「夜の煙突」「気分爽快」などコンサートでは聴いたことのない曲にも振りコピがあり、それも抵抗なくやれた。

ようは気持ちよく森高のコンサートを楽しんだというわけ。

しかし世代が違うため、ケチャの入りそうなメロディでも誰もやらない。
やっぱりこの世代の方が、僕はしっくりくる。

それにしても森高のパワフルさには舌を巻いた。
三曲続けて歌った後、全く息切れもせずにMCに入り、休む間もなくまた歌唱。
この繰り返し。
水分補給も一切なし。汗もかいてない?
なんというプロ根性。
なんせ、かなりステージに近いのでよく見えるのだけど、時々昔の振り付けをちょっと照れくさそうにやっているのもよかった。

アンコールでは往年のきんきら衣装を彷彿とさせるコスモルックで登場。
すごいよ。四十路後半なのに、ミニスカきんきらだよ。
しかもかっこいいんだからたいしたもんだ。

失礼な話だけど、当然のごとく口パクじゃ無いからリズム取ってて歌うの忘れて歌詞が飛ぶこともあったり。

しかしスゴイ。本当にスゴイ。
なんで息切れしないんだろう。本人は飛ばしすぎて酸欠になったなんて言ってたけど、そんな風には全く見えなかった。

落ち込んだときに大音量でかけて何ループも聴いていると元気が出てくる大好きなコンサートバージョンの「GET SMILE」では、こっそり斉藤英夫さんの英語コーラスを口ずさんでましたとも。

途中までは僕は二十余年前の森高、いや斉藤英夫さん作曲打ち込みの曲が好きだっただけで、たまたま歌を森高が歌っているにすぎないというのが冷静な自己判断だったので、今のリアレンジが面白くないという思いで今の森高自体を聴くのは失礼な話。
だからコンサートもこれっきりにして、昔のCDを供養のように聴くのがよいと思ってた。

でも気付いたら振りコピしてる。
うまくのせられた。

本当に楽しかった。
リアレンジされた「ストレス」とか原曲殺しで大嫌いだったのに、なんだか会場で大音量で聴いたら「これはこれでありだ」と思えるようになったし。

来年の一月にまたライブがあるという。
できれば大きなコンサートホールで聴きたいなあ。
中野サンプラザでもう一度やってほしい。
二階席からでもいいもの。

<追記>
コンサートの興奮冷めやらぬ中、youtubeの「GET SMILE」を聴いていて気付いた、男声コーラス部分がちゃんとメロディになってることを! 高橋諭一見直した。あえてコーラス入れなかったのか。でもメロディに残した。コンサートverだし、このリアレンジはかなり好きになってしもた。
【2014/11/18 23:37 】 | ライブ、音楽関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<audioleaf & ATK TRINITY presents 「千客万来 vol.58」 | ホーム | デザフェス始末記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3113-d31b4ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |