スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ダヴィンチ・コード
6/5(月) 晴れ(さわやか)

実に退屈な映画でした。
あくびカウントも忘れるほど…。

そもそも気乗りしない映画に行くのはよろしくない。
いくらレイトショーだからといって、拘束時間がほぼ3H。
身を乗り出してワクワクさせてくれればいいけど、そりゃムチウチも疼くっちゅーねん。

見た人の感想を聞くと、なぜか口をそろえて「原作を読んでればおもしろい」と言います。
逆に原作を読んでいないわたしのような人間が、はたして映画を見てあらためて本を読もうとするか?

答えは否!

タイトルにある「コード(暗号)」の醍醐味は、その解読プロセスにあると思うのです。
きっと原作では、そのあたりが丁寧に書かれているんでしょうけど、映画ではほぼインスピレーション一発変換です。
これじゃ、爆弾処理で赤いコードか青いコードか起爆装置解除はどちら?を、迷わず「赤で」とクリアするのと同じ(ちょっと暗号のコードとかけてみた)。
手に汗握るのが追いかけっこな活劇なんて、誰が望んだんでしょう…。

絶対に窮地に陥ってもあり得ないほどあっさりすり抜けていく主人公たちに、もう「どーせ死なないんだろ。いや、撃たれもしないんだろ?」と辟易する始末。

そもそも「原作を読んでいれば楽しめます」じゃ、映画の意味がない。
副読本がないと楽しめない裏設定バリバリな、くそったれ映画(メイトリックスとか)よりヒドイ。
なにしろオチまで知っていて、文字情報を映像で確認していく作業だけなのだから。

キリスト教に興味がなく、知識がない
ダヴィンチにも興味がなく、モナリザくらいしか知らない。
フランス語がダメ。フランスなまりの英語もダメ。
トム・ハンクスの後ろ髪がダメ。

久しぶりにやられました。

昨日、半月遅れの誕生日祝いにもらったフランク・ミラーの「シン・シティ(映画にもなりました)」の方が、オレ好み。
もうセリフ回しにしびれフグです。
なんてスタイリッシュなセリフなんでしょう。
口直しに、もう一度読んでから寝よう。

テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画

【2006/06/05 01:29 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ウルトラ・ヴァイオレット | ホーム | 間宮兄弟>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/326-948cd47c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。