キャンベルタウン野鳥の森に行ってきた
4/26(日曜) 晴れ(24.2度)

前回行ったのが、まだ車が前のキューブの頃。
だから7月くらいか(7月13日だった)。
実に九ヶ月ぶり。
秋から冬にかけて行こうと思ったものの、運悪く鳥インフルエンザが報道されて、看板鳥のオーストラリアガマグチヨタカのガマちゃんがバックヤードに引っ込められてしまったため、目的を半分以上失い断念。
11月下旬には無事看板鳥として復活し、しかも昨年春に行った際抱えていた卵が無事孵って、今は三代目ガマちゃんが看板鳥として出ていることもあるらしいと。
ただ三代目はまだ臆病で、もともと日中は森の中の枝に擬態する習性のため、めちゃ細い。
そんな写真がキャンベルタウン野鳥の森のブログにアップされていて、これはもう行くしかないと。

キャンベルタウン野鳥の森
http://www2.ocn.ne.jp/~yacho/

入園料は相変わらず100円。
県営とはいえ安すぎる。グッズはモモイロインコのぬいぐるみが増えていたので、せめてそれくらいはお金を落としていきたいので帰りに購入。
ガマグチヨタカのグッズがあれば山ほど買うのに(看板鳥なのにバッジすら無い…)。

今日の看板鳥は三代目ガマちゃんだった。
細い。実に細い。入園から出るまで二時間半くらいいたけど、ずっと同じ姿勢。
でも寝ているわけでは無く、薄目を開けている。
受付窓口の方によると、人がいなくなるともとにもどるそうで。
ストレスにならないかと心配である。

二代目はバックヤードかと思いきや、エミューとワラビーの柵前、アカシヤの木の下にいた!
さすが二代目、だいぶまるまるとしている。
余裕の表情。でも眠そう。というか寝てる…。
まぁそもそも夜行性だから仕方ない。

看板鳥よりも手前に柵があるため近づけないが、そこはカメラのズームでカバー。
拙作とツーショットも納めて(でも距離が離れているから真横には当然置けない。いや、あまり近づけると窓口の目の前ならいざ知らず、触られてしまうから微妙に距離を置くように止まり木を設置しているはず。

基本的には鳥の好きな人、家族連れなどが来園するし、地味な園でもあるからよほど好きな人じゃ無いと来ないだろうから、無軌道なバカにはあったこと無いけど、念には念を入れておいた方がお互いのため(鳥と来場者)だし。

ケージ内では二代目、三代目の親となる初代ガマちゃんが鎮座。
ますます丸い。モコモコである。
また卵を抱えているらしいのだけど、オスの方は温めているようで。
オスはバターくんだったかな。メスはガマちゃん。
キャンベルタウン野鳥の森の鳥に対するネーミングはかなりおおざっぱ、且つ雑で「おとうと」とか「はは」みたいなそのまんまの名前のインコもいる^^
ガマグチヨタカだから「ガマちゃん」なのだろうけど、園内にいるオーストラリアチドリでひたすら人なつっこく飼育員による園内巡回説明の際に必ずくっついてきて、エサのミルワームをもらっている子は「ガモちゃん」。種は違うものの、同じ豪州の鳥、おそらく似たような生息地なのか体色が非常に似ている。そして名前も似てる…。

巡回説明に参加し、終わったところで拙作のガマグチヨタカを進呈。
上の許可が通れば飾ってくれるそうだけど、ダメなら飼育員さんが持って帰るとのこと。
県営だし、そのあたりはいろいろとあるだろうから仕方ない。
でもかなり喜んでもらえたので、僕も満足。

帰りには星乃珈琲で遅い昼食を。パンケーキが相変わらずうまい。
帰宅後、区議選の選挙の投票へ。

総じて充実した一日だった。
DSCF0232.jpg DSCF0233.jpg DSCF0235.jpg
三代目ガマちゃん。ほっそい。

DSCF0265.jpg DSCF0267.jpg DSCF0268.jpg DSCF0269.jpg DSCF0270.jpg
二代目ガマちゃん。アカシアの木の下。まるまる。

DSCF0243.jpg DSCF0260.jpg
初代ガマちゃん。ケージの中。まんまる。

DSCF0272.jpg
二代目ガマちゃんと拙作とのツーショット。真横には置けないのでかなり離れてるけど満足。

【2015/04/26 18:54 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<寄生獣 完結編 | ホーム | 音楽について思うこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3282-ac86745d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |