スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
マッドマックス 怒りのデス・ロード
6/30(火曜) 曇り(25.9度。湿度も高くなく涼しげ)

もともとマッドマックスは、最初にテレビでやった吹き替え版がもっとも好きで、しかも初放送時にビデオに録画しておいたら、ラスト前のくだりでテープがなくなって途中までという生殺し状態。

なぜそんなに鮮明に覚えているかと言えば、当時好きだった子と長電話していて、楽しみにしていたマッドマックスよりもそっちを重視したため。
いかにも若気の至りである。

その後、どれくらい経ってから再放送されたのかは覚えてないが無事に録画に成功し、ラベルもレタリングしてお宝ビデオの一本になった。
ただ当時ベータを使っていたため、今も見られるかどうかわからないのが厳しいところ。
調べたら吹き替え入りDVDにも、このフジテレビの吹き替えは未収録とのこと。
マックスが柴田恭兵、ジャイロキャプテンがジョニー大倉だった。
※wikiをみて思いだしたがパッパガーロに小林清志、ヒューマンガスは柴田秀勝、ウェズは渡部猛というそうそうたる布陣。
フジテレビ版 - 初放送1984年10月13日21:02-22:54 『ゴールデン洋画劇場』
再放送1987年11月3日(火)20:00-21:54 TBS『ザ・ロードショー』
…って三年待たされたのか!しかもTBSで再放送だった??

というわけで、かっこいいインターセプターは後半突入時に大破、ごっついトラックでのカーバトルにしびれたものだった。

ジョージ・ミラー監督はその後「ベイブ」や「ハッピーフィート」という動物ものに鞍替えしていたし、主役を張ったメル・ギブソンもすっかり年を取ってしまったから、もうマッドマックスの続きは見られないんだろうなと思っていたし、期待もしてなかった。
三作目の「サンダードーム」は2を期待して劇場に見に行って、ガッカリして帰ってきたし。

で、今回の映画である。

しかも見た人は口をそろえて「こんなにストーリーがなくて、九九も出来ないような偏差値の低い連中しか出てこない映画はない!」と絶賛。

見たい!
でもあまり期待を高めてしまうと「サンダードーム」の二の舞になりかねない。
映画秘宝の特集記事の読み飛ばし、なるべく事前情報はシャットアウトした。

のっけからカーバトルに、まず度肝を抜かれた。
完全に2のクライマックスのてい。

おまけにせっかくインターセプター出てきたと思ったら、あっという間に退場。
マックスも囚われ人だし。

タンクローリーの左右から、異様な改造車が襲いかかりという、実にわかりやすいビジュアル。
台詞がほとんどないので、字幕も必要ないくらい。
ようは画面に集中できるというわけ。

しかし、本当に偏差値が低い。
暗黒舞踏のように全身白塗りとか、なんでそうなってるのか?とか細けぇことはいいんだよ状態。

本当に車をクラッシュさせているのか、はたまたCGなのか。
むやみやたらに車はひっくり返り、爆発炎上する。
そして運転手、無茶な箱乗りしている同乗者が、あほみたいに吹っ飛ぶ。

マッドマックス一作目で伝説となっているスタント、ライダーがすっころんでスローモーションで後ろからバイクが後頭部直撃を彷彿とさせる。
アレは絶対死んでる!と言われていたが、そんなことはなかったらしい。
ホントか?
首、がくんってなってたよ!

まぁ、全編そんな感じで、話らしい話なんてないから、もうずっとカーバトル。

しかもタンクローリーを挟撃するというシークエンスを、手を変え品を変え飽きずに見せてくれるその映像構成にとにかく驚く。
狙うのはタイヤか運転手だし、代わり映えしない。
でもそれがまたいろんなことしてくれるからたいしたもんだわ。

興奮しっぱなしの二時間ですっかりくたびれてしまった。
機会を作ってIMAX版も見に行きたい。

ただ話的なことを言えば、やはり2が一番いいな。
あと上映前に吹き替え版予告編流すのってどうなのよ。当然目を閉じてみなかったけどね。
【2015/06/30 20:44 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ドールショウ夏SP | ホーム | 井村淳さん「ありがとう」の会に行ってきた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3353-b4a977ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。