スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
キャンベルタウン野鳥の森
9/21(月曜) 晴れ(27.3度)

ただでさえ安い入園料が本日敬老の日はなんと無料(普段は100円)。
だから行こうと思ったわけではなく、無料ゆえのイベント盛りだくさんで移動動物園も来るという。
園内に人が多い状態というのも活気があってよいし、運がよければガマちゃんとツーショットも実はもくろんでいた。

ただシルバーウィークど真ん中なのに、越谷に向かう道中相次いで渋滞に阻まれて、午前中の早い時間に出たにもかかわらず、到着したのは12時を回ってしまった。
無料ということで園のそばの公園にある駐車場(さほど収容台数は多くない)が満車になることを恐れて早めに出たというのに、事故渋滞、自然渋滞とたっぷり二時間以上かかる。
もっとも運良くちょうど空いたスペースに潜り込むことが出来たので、渋滞のイライラもこれでチャラ。

今日の看板鳥は細く枝に擬態していないので二代目ガマちゃんだとわかる。
なんと八月からオーストラリアガマグチヨタカの缶バッジも登場ということで、入園料がわりにまずひとつ購入。缶バッジ100円ですよ…。もう少しお金落とさせてください…。

前回春に行った際には三代目ガマちゃんで終始細かったので、二代目ガマちゃんのまるまるとした姿を目尻も下がりまくり。
もちろん触れることはかなわないのだけど、かなりカメラを近づけても全く動じない(もちろん常識の範囲で)。

いつもハクトウワシのTシャツで園に行くことが多かったので(あとで写真を見て気付いた)、今回は黒字のアロハ着用。
ただ全く意識してなかったのだけど、南国の鳥模様だったため、飼育員さんにさっそく突っ込まれる。
前回自作ガマグチヨタカの人形を渡した方は残念ながらいなかった(と思う)が、その前に何度がお目にかかった方が覚えていてくれてうれしい。
「この方、鳥がすごく好きで、特にガマちゃんが」と言われ恐縮しきり。

すでに規定人数分が終わっていたのでクイズ自体は参加できなかったのだけど、第一問がそのガマグチヨタカに関する問題で、しかもいきなりの難易度。
くちばしの上の飾り羽根はなぜあるか?と言うのが問題で、三択ながら「一番 ファッション」「二番 虫を捕るため」「三番 おじいさんになった証」と、ただでさえ十人中十人に「あ、フクロウさんがいる」と言われる鳥なのに。
まだ若い三代目ガマちゃんにもあったので三番ではないことはすぐにわかったが、さてどっちだ?
正直、これについて全く知らなかった。
すでにクイズも終わっていたので、飼育員さんに聞くと、答えは二番だそうで。
そして実践してくれたのがくだんのムービー。
羽根の部分に虫が触れると、反射的に口が開くという、いわばセンサーの役割だそうだ。
これでまたひとつガマグチヨタカについて詳しくなった!
[広告] VPS

まずは園内を軽く散策。
どうやらいつも訪れた時は薄曇りの日が多かったようで、木漏れ日の中の鳥たちの絵がとても美しい。
普段はガマちゃんしか撮らないのに、今回は水辺のブロンズトキとオーストラリアイシチドリも撮った。
ただイシチドリは完全に保護色で(ガマグチヨタカとよく似た配色)シルエットでギリギリわかる程度。
まぁそれもまたよい。
とても園内とは思えないほどの自然の一コマ。
2015_9_21_5.jpg
ブロンズトキたち。木漏れ日が美しい。
2015_9_21_6.jpg
オーストラリアイシチドリが真ん中にいるんですが…。

先日の水害に見舞われることもなかったようでホッと胸をなで下ろしていたが、水害につきもののネズミが園内に侵入したようで、その駆除用のねずみ取りが至るところに仕掛けられていた。
エサは豊富、天敵もいないから、ネズミにとっては天国のような場所だろう。
ただ卵やヒナを狙われては困るので、なんとか駆逐できればと願ってやまない。

実はネズミの天敵がケージ内にいるのだけど(ワライカワセミやガマグチヨタカ)、それらを園内に放してしまうとネズミもさることながら、スズメよりも小さなキンカチョウもかなりやられてしまうので、それはできないらしい。
たしかにそうだ。ネズミの1/3くらいしかないし、もともと園内で生まれ育っているから天敵に対しての防衛本能も鈍っているだろう。

無料と言うこともあり、園内は結構な人出ではあったが、やはりいつもの「鳥が好き」な人以外にもふらりとやってきたちょっと困った家族連れとか目についてしまった。
一定時間で園内ガイドを飼育員さんが行うのだけど、その説明で使う剥製のブロンズトキを執拗に触ろうとしたり、とにかく困らせていた子供が三人いた(いずれも男子)。
親は何をやっているんだ!と激高するのも、なんだか場違いな気がして黙って成り行きを見守るしかなかったが、おとなしく説明に耳を傾けている子供との差は一体何なのだ。

たぶん愛情に飢えているんだろう。
そう考えてみると、なんだかやるせなくなった。
きっと親は園の外でスマホでもいじってるんだろうな。

帰りがけ、もう少しお金を落としたかったので、ガマグチヨタカの缶バッジを追加で五個買った。
2015_9_21_0.jpg 2015_9_21_4.jpg
二代目ガマちゃんのアップ。丸くてかわいい。
2015_9_21_3.jpg
こっちはケージ内の初代ガマちゃん。
2015_9_21_2.jpg
同じくケージ内のワライカワセミ。望遠で撮ったらケージが写らなくて自分でも驚きのショットに。
2015_9_21_1.jpg
無理矢理に二代目ガマちゃんとツーショット。気持ちガマちゃんがひいている気がする…^^;
【2015/09/21 21:10 】 | たわいもない日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<The Plain Moritaka Night Zepp DiverCity | ホーム | ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3438-ef3c17d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。