スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
スターウォーズ フォースの覚醒
1/8(金曜) 晴れ(度)

映画に限らず、自分のお金や時間を使って見たものを楽しめれば、それは周りの評価がどんなに悪くも全く関係ない。
ようは自分が楽しめたか、否か。
少なくともファントムメナスよりは断然面白かった。
あざといと言われる演出も、ジャージャーのまったく緊張感のない殺し合いより断然いい。
「おまえら、こんなのが見たいんだろ?」「Yes sir !」だよ。
おしむらくはクリーチャーデザインがEP4~6にはやはり及ばずだったこと。
でもファーストオーダートルーパーはかっこよかった。

公開直後ネットのネタバレには懐疑的で「いやいや、それはガセだろう」と信じていなかったが、東京新聞によりによって人物相関図が二日後には載ってしまい、ネタバレがホンバレだとわかる。
まぁスターウォーズに謎解きやどんでん返しは求めていないとはいえ、劇場で「I'm your father」を体験出来た人は本当にうらやましい。
逆にEP6でダースベイダーのマスクがいよいよ外され、一体どんな顔なんだとワクワクしたら、白いはげ頭で目の下真っ黒の汚いおっさんが出てきた衝撃は体験してるんだけどね。

というわけで大筋はわかっていての鑑賞。
しかもなにやら評判も思わしくない。
もっともスターウォーズクラスとなれば、ケチつけてる俺かっこいいな連中も少なくないから、上記のように見に行って自分自身が楽しければそれでよしという姿勢。
一方、どんなに評判がよくても自分にはあわないものだってあるし。

ユナイテッドシネマとしまえんはいつのまにか4DXが導入されていたが、3D上映で且つ座席が揺れては画面の情報量を処理しきれないと思い、とりあえずIMAXを選択。
会員割引なしの2300円。
ガチャ目がひどいのでスクリーンで見るときにはメガネをかけるので、メガネonメガネはどうにも見づらいのだがしかたない。
予告で飛び出す3Dがいくらかあったが、画面変調がめまぐるしいキャプテンアメリカは鬱陶しかった。
むしろ「ザ・ウォーク」の高所っぷりが恐ろしくて、これこそが3D映画だろうと感じてしまった。
実際にそこに行かなければわからない高低差が画面から体感できるのって、実はすごいことですわ。

「ファントムメナス」に寄せる期待は、今回の「フォースの覚醒」の比では無かったと思う。
そして妙な肩すかしを食らって、未だにある意味スターウォーズの暗黒面とも言えるジャージャービングスは、本来ならep2,3としゃべるチューバッカのような位置付けで出るはずだっただろうに、登場カットはどんどん無くなり、しまいには台詞すらなくなってしまった。

そういった意味で、今回のep7は、新しいドロイドBB-8はアクティブなR2D2といった感じで転がりまくる以外、さほどうっとうしさを感じなかったし、黒人トルーパーも予告で見た衝撃ほどではなかった。
また誰しもが感づいているあの人の娘だろうというレイも、なかなか勇ましくてかわいい。
カイロ・レンもいらだってライトセイバーで機器滅多切りするあたりに未熟さが見えて、なかなか面白いキャラだったし、なにより素顔が出ることに驚いた。

そういった今後を支える新キャラを完全に喰っていたのは、本作の主役たるハン・ソロだろう。
「チューイー、マイホーム(チューイ、帰ってきたぜ)」は、確かにあざとい演出かもしれないが、それでも「あぁ、ハン・ソロだ…。チューバッカは相変わらず相棒なんだ。年取らないなあ、ウーキーは」と、一番の涙腺崩壊ポイントだった。

ジャージャーがチューバッカになりきれなかったのはアミダラの相棒たり得なかったからだろう。
もうなんというか、今回チューバッカが実にかわいい。怪我したのははじめてじゃないかな?

しかし砂漠、雪の星、緑の星とep4~6までの各舞台を持ってくるとはね。
そのわりにはメカはタイファイターとXウィングくらいしかいなかったけど。

良くも悪くもストーリーはいつものスターウォーズ。
やたらめったら爆発して、ストームトルーパーが吹っ飛ぶ印象が強かったな。

カイロ・レンの本名は、やはりあの人から取ったのだろうか?
またルークが完全にクワイ・ガンのようだったのは、事前にフェイク画像として流れてきたものと実は同じだったというのも、最後の最後での驚きだった。

そうそう音楽に関しては、各エピソードで印象的なフレーズが必ずあって、ファントムメナスも音楽としては最高にかっこいい(あれはダースモールのテーマ?)のに、今回はまったく印象に残らなかった。
まさかジョン・ウィリアムスがネタが尽きたとも思えないのだけど…。
【2016/01/08 17:08 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ドールショウ45冬 | ホーム | デザインフェスタ42・始末記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3551-adb897b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。