スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
カーズ
同日 夜になっても蒸し暑い…

レイトショーなら1.2k。
懐にも優しく、気持ちも優しくなれるピクサー映画「カーズ」。
でも入りはなんとか二桁。
しかたない、月曜のレイトショーなんて20人も入りませんよ。
第一、終了時刻が23時55分。週頭から、まさしくレイトなんて道楽にもほどがあります。

で、やはりピクサーはスゴイ。
タイトル通り、車が主人公な話。当たり前ですがモーションキャプチャーは使えません。
それなのに、あの表情。
あの動き。
細かい挙動はまさしく車なのに、瞬間瞬間で見せるものは人間そのもの。
だから生き生きしている。
そしてレースシーンはど迫力。
ちゃんと地面に接地して走っている感が、とにかくスゴイ。
車のCGをリアルに作ることはできても「走ってる感」を出せていないものはけっこうありますから。
あのFFも滑っているようにしか見えなかったし。
きっと高度な計算技術と、アニメーション技術の融合なのでしょう。
でも、それがちっともイヤミじゃない。
「ほら、スゴイでしょ。見て見て」感がまるでない。

今回の主役のキャラクター、ピクサーにしては珍しく少々居丈高で嫌な感じです。
なんとなく周星馳の「食神」の主人公に似ています。あそこまで悪くはないけど。

あれ、そう言えば、今気がついたけど…。
けっこう有名な車が出てくるんですが(主人公が思いを寄せる車がポルシェだったり、街のタイヤショップの店主がフィアットだったり)主人公に絡む中に日本車はいなかったような気が…。
日本アニメ大好きなジョン・ラセター監督なので、まさか悪役に日本車を使うなんてアメリカンなことはしないけど、ちょっとやってほしかったかも。

シネコンでは、あからさまに子供向けで吹き替えばかりですが、2時間キッチリ楽しませてくれる映画なので、ちょっと疲れたとき、クサクサしたときにオススメです。

気付いたらポイントが今日を含めて8になってまして、これでまた1本タダで見れます。
さてなににしようかな。
MIⅢかパイレーツ・オブ・カリビアンか。
シネコンの大画面ならではの楽しみ方が満喫できる大作映画にしよう。
日本沈没はすでに新聞屋さんからタダ券もらってあるし。

テーマ:カーズ - ジャンル:映画

【2006/07/11 01:52 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<連休最後は…。 | ホーム | デスノート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/365-1f251ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。