無痛、読了
5/29(日曜) 晴れ(28.4度)

小説を買ったのが新春。
一月の病院での定期診察の待ち時間で読み始めた旨が書かれていたので、全編読み終わるのに四ヶ月もかかったことになる。
同じように映像作品を見て原作が読みたくなった「脳男」は買ってすぐに読了したというのに。

仕事が忙しいとか、読む暇が無いというのは理由にならず、ようは先が気になるから、何をさておき読んでしまおうというのが「脳男」とその続刊「脳男2」にはあった。

しかし「無痛」は滑り出しは好調だったものの、どうにもページが先にめくれない状態が続き、しばらくほったらかしていて、ようやく続きを読み始め、このまま読まないと最後までいけないと思い立ち、後半は一気に読んだと。

一気に読破出来なかった理由は簡単だ。

登場キャラのひとり、佐田というストーカーがいるのだが、その人物描写に割くページがやたら長い。
元嫁に対して送った屈折したラブレターを何も全編載せる必要があったのだろうか。
心の声も他のキャラに比べてとにかく長い。
そしてなによりイライラするキャラ設定。

そんなヤツなので、まあうまくいかず殺されてしまうのだけど、ここもそれまでの所行に比べてやけにあっさりとしているため、読んでいるこっちはちっともスッキリしない。

そもそもあらすじにも書かれている一家四人皆殺し犯と告白したなぞの少女、南サトミもなぜか途中退場。

三人目の主人公かと思った刑事の早瀬に到っては、前半に出て刑法第39条に対して一席ぶつだけで、やはり後半まで登場しない。
これは白神クリニックの白神にしてもそうだ。

ようするに作者が感じていることをそれぞれのキャラに蕩々と語らせたら、実質そのキャラの役目は終わり。

たいそうなテーマで斬り込んでいる割には、現役医師ということもあってか医学の専門知識的なディテールが書き連ねられていて一見高尚に見えるが、実際は狂言回しのようなキャラクターたちが立ち回っているだけ。

文庫本でも非常に厚いのだが、第一章の通り魔のくだりの執拗な殺戮表現、佐田の自分語りを最小限にと止めれば、もっとすらすらと読みやすくなったに違いない。
そもそもキャラクターが複数同時に動いているはずなのに、表に立ってないキャラがまるで見えてこないため、何ともチープな印象だった。

フジテレビのドラマ版は、やはり佐田のストーカーのくだりが長く、なんであんなに執拗に描くのだろうと訝しんでいたが、そこは原作準拠だったようで。
いや、でもバチスタシリーズのように換骨奪胎して、新しいストーリーにすることで原作を知っていてもドラマもワクワクする作りをフジのドラマは得意としているようなので、そこはアレンジしてほしかった。

特にサトミがなぜしゃべれないのか?の設定はドラマ版のアレンジが秀逸だったし、白神に関しても執拗に為頼をスカウトしようとする強い理想があるように見えたし(犯行の動機がチープで矮小なのはこれも原作通りだった…)、最後が駆け足になってアラが見えるのも含めてもドラマ版の方が断然よかった。

続刊もあるそうだが、キャラクター設定に魅力はあっても、キャラクター自体に魅力が乏しい(作者の狂言回しにすぎないのがどうにもならず。

同じようなテーマを奇しくも脳男2で扱っていたが、やはり乱歩賞作家のぐいぐい引っ張っていく話の構成、そして魅力的でイメージしやすいキャラ作りは完全に向こうに軍配が上がる。

だいたい小説家(本業は医者)なのに「憮然」を間違って使っている時点で興ざめですよ、まったく。
【2016/05/29 16:56 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<デッドプール | ホーム | デザインフェスタ43 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3685-86ddb40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |