デッドプール
7/4(月曜) 晴れ一時雷雨(34.7度)

ユナイテッドシネマの会員券の更新で、七月いっぱいまで映画一本いつでも千円(もちろん3DやIMAX、4DXはのぞく)が見られるわけなのだけど、例年たいがい行使せずにタイムオーバーになってしまう。
別に見たい映画がないわけではないのだけど、どうも平日のスケジュールが立てづらく(だったら一般社会人みたいに土日に行けという話なのだけど)気付いたら終わっていたというパターン。

現に先日「アイアムアヒーロー」を見に行った際にもらった六月いっぱいまで1200円で見られる券は使いたい映画はあったのに行かずじまい。もったいないことをした。

家にいても暑いし、それならば映画館にでも涼みに行こうと。
「クローバーフィールドレーン」も気になったのだが、レビューが今ひとつ思わしくなく、また密室劇らしいのでスクリーンでなくてもいいかと、アメコミ映画はあまり見ないのだけど「デッドプール」をチョイス。
映画秘宝がくどいまでにプッシュしているのだけど、本当にそこまで面白いのか?と確かめたくなったというのも動機のひとつ。

そもそも初めてデッドプールのデザインを見たのは、何年前の話だろうか?
あからさまにスパイダーマンと記号が重なっていて(赤いスーツにフルフェイスマスクは楕円形の目玉に黒地に白)、いくら何でもこれはいいのかよ?と。
最初、DCのキャラかと思ったら、同じマーブルだという。
コミックの中ではスパイダーマンへのセルフパロディもあるという開き直りっぷりに、興味を持つどころか痛々しさまで感じて、まったく好きになれなかった。
そのうち日本語訳されてコミックも出たけど、一人称が「俺ちゃん」というのも鼻につき、実写映画化といわれてもまったくピンとこなかった。
だいたいスパイダーマンにしか見えないし、首から下のデザインや能力が全くの別物と言われてもね。

ただしきりに映画秘宝でその実写版のスーツ写真が載るようになり、さすがに見慣れてきて(刷り込みというのは恐ろしい)、コロッサスがCGIながら登場する、いわばX-MENと同一線上の世界観というのも若干気になってきて(とは言えX-MENは格ゲーを少々やったくらいで、ちゃんとコミックは読んでいないし、映画も今ひとつ乗れずだったが)、見た話だと割と面白いというから、ならばと。

観客に話しかけてくるおしゃべりキャラクターという触れ込みだったが、別にモノローグの延長線のような印象で、そこまで騒がしくは感じなかった。
まぁ吹き替えだとまた印象が変わるかもしれないが、少なくともヒヤリングと字幕ではセリフを王のに精一杯で(だいたい字幕では要点を絞っていてセリフの全てが訳されてるわけじゃない)、またマシンガントークなら古いけどエディ・マーフィーのような黒人おしゃべりキャラには及ばないと感じた。

だからといってつまらなかったとはではなく、ど迫力のカーチェイスや時間軸の置き換えでデッドプール自体の生い立ちを飽きさせずに見せる工夫、そして容赦ない殺戮(よく見ると刀で切られた脚や腕が飛んでたりするし)等、退屈するヒマは全くなかった。

コロッサスは完全なCGIキャラだったが、その角刈りでごつい体つきに、CSIベガスの初期シーズンにいたオライリー刑事(スキップ・オブライエンという役者さん。残念ながら激やせした上ですでに鬼籍に)を思い出してしまった。
あの役者さんなら銀に塗ってそのままコロッサス出来たなあとか。

最近英会話教室に通うようになったので、なるべくヒヤリングでも少しは聞き取れるようにがんばってはみたが、いかんせん単語を知らないから字幕に頼らざるを得ない現実を突きつけられた。
昔、どうしても早く見たくて輸入盤のターミネーターやロボコップ(ともに一作目のみ)をLDで買って見たが、そういえばアレはセリフがあまりなくてわかりやすかったんだっけ。
デッドプールはよくしゃべるし、小ネタも多いのでわからんことばかりだった。
唯一わかったのはコロッサスに手錠をはめられて連れ去られる場面で字幕では「このロボコップ野郎!」と罵声を浴びせていたが、実際には「Dead or alive,coming with me」とロボコップの劇中でマーフィーが言ったセリフをそのまま使ってたところくらい。でもあのセリフをちゃんと「ロボコップ」と字幕で訳したのは偉いなあ。戸田奈津子では意味がわからなくて別の意訳になっていたに違いない!

ともあれ、お金をかけてど迫力の映画を作るのはいかにもハリウッド流ではあるけど、あの画面演出を考えているのは同じ人間であって、それを予算の力で映像化しているならば、お金のあるなし以前に発送の質が国産映画とはまったく違うんだよね。

チラシは裏一面役者の名前、予告でも一瞬たりとも「これはすごいかも」と思わせてくれないシンゴジラには、予算以上に足りてないものがあると感じてる。
【2016/07/04 17:12 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<高校時代の友人が亡くなった | ホーム | 無痛、読了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3686-bd03f8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |