20余年ぶりの夏コミ 
8/13(土曜) 晴れ(32.0度)

コミケ90、通称夏コミ二日目。
l_rmfig515-1.jpg
前回の冬コミはコミケ自体が20余年ぶりの参加だったので、当然ビッグサイトで行われる三日シフトの夏コミは初めて。
新宿からりんかい線直通に乗っていったのだけど、もう新宿の時点ですし詰め。
うんよく網棚を確保出来たので、なんとかなったのは実にラッキーだった。

今回、駅で待ち合わせとかはなく、単身そのまま流れに任せて乗り込む。
もともと一冊しか売るものもないし、設営はほとんど時間を要さず。
ドールショウやデザフェスのように立体物を一つ一つ並べるのとはえらく違うわ。

手伝いを頼んだ人は9時過ぎに到着。もっと遅くなると昨日寝ている間にメッセージが来ていたのだけど、ありがたいことにアクエリアスとポケットティッシュ(こういう所に気が利くのはさすが)を差し入れてくれた。
会場までしばし談笑。

今回持ち込んだ部数は残っていた在庫分の50部。
前回の冬コミで70部売れていて、その後まんだらけの資料性博覧会という研究本オンリーのイベントでもそれなりの数がはけているので、こんなに少なくなっているとは思わなかった。
スタッフの方にあげたり、見本誌で提出したり、世話になった方にあげたりと、なんだかずいぶん配ってしまったのだなあと思う。

それでも、結局15時の撤収で完売は出来ず。48冊にとどまった。

20余年前、ちょうどできるかな最終回当時では、来場者のほとんどが知っているタイトルであり、それこそ100部は余裕ではけた。

しかし今は違う。
そもそもこのタイトルを知らない。
再放送もほとんどないから、若い層は知るすべがない。
知っているのは三十代以上で、そもそも層が限られてしまう。

さらに表紙に研究本という記載が一切なく、イラストが描かれているだけ。
これではぱっと見、できるかなのファンブック、コミカライズ本に見えても仕方ない。

つまるところ、20余年前に作った当時の感覚で表紙を作ってしまったこと、さらには一定以上の年齢ではないとまるで知名度がないことなどがあげられる失敗。

いや、この本のためだけに足を運んでくれた、Twitterで見かけてこれはほしいと思った、ねとらぼに紹介されていたのを目にして、などなど、足を止めて買ってくださった方々には、本当に頭が下がる思い。
ありがとうございます。
20余年前の自分共々、感謝感激です。

いくつかの予備のために数冊残してあるものの、とてもイベントで売るだけの量はないため、もうコミケに出ることはない。
だから冬コミの案内も買わなかったし、他の同人イベントにもまず出ない。

表紙を変えて、より研究本アピールを増したものを作るのもひとつの手ではあるけど、もはやコミケに足を運ぶ人たちの多くが知らない層となっては、もはやその使命は果たしたものと思い、あとは個々の思い出の中で生きることを選びます。
【2016/08/13 19:52 】 | デザフェス用 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<シン・ゴジラ二回目 | ホーム | 高校時代の友人が亡くなった>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3689-18d42548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |