イニシエーション・ラブ
2/11(土曜) 晴れ(9.8度)

公開時、ラストにどんでん返しがあるとよくCMで流れていた「イニシエーション・ラブ」。
舞台設定は87年の静岡で、カセットテープ(カーステレオ)が効果的に使われていて、CMでも「巻戻る」という描写があった。
そしてカセットならではの「A面」「B面」というキーワード。

ネタバレしては完全に興ざめなので、あらゆる情報はシャットアウト。
でもレンタルで借りるのもどうだろうと思っていたら、先日CATVでやっているのを見つけ、即録画。
それを今日見たのだけど、いやはや、やられました!

映画を見て「これはやられた!」と思ったのは久しぶり。
原作も俄然読んでみたくなった。

なんで87年の静岡なんだろう?と思ったけど、固定電話というのもひとつの舞台道具だったわけで。

それにしてもちゃんと当時の風景を再現しているのは、やはり大手映画会社ゆえか。
昨年末に見た「14の夜」は、どうしても今の車が駐車場にあったりと風景描写に気を回してないのがわかって興ざめだったし。

この手法はいわばサスペリア2の真犯人だなあ。
見えているのに見えてないという人間の心理、錯覚を利用したトリック。

前田敦子の「男にとって都合のよい女の子」描写に「なんか裏があるだろう?」と思ったし、言い間違えにしか聞こえない「タック」のくだりになにかあるとは思ったが、そんなこと気にならなくなる1時間50分だった。
それにしても前田敦子、ちっちゃい。
ちゃんとベッドシーンやキスシーンもあって、ちょっと見直したよ。
【2017/02/11 19:37 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<相棒Ⅳ-首都クライシス 人質は50万人!特命係最後の決断 | ホーム | ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/3697-a740b923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |