容疑者Xの献身
7/19(水) 雨(夜にはあがった)

昨日の待ち時間で半分読み終えた「容疑者Xの献身」。
本日は横浜業務なので、30分座っていける東急線は貴重な睡眠リラックスタイム。
ところが行きも帰りも読んでしまいました。
で、帰宅後も継続して、先刻読み終えた次第。

実は以前、同じ作者の「変身」をハードカバーの古本で買ったものの、なかなかきっかけがなく読んでいませんでした。
ドラマ「白夜行」は毎週見るのが楽しみでしたし、今回の直木賞をようやく受賞した作品にもただならぬ興味がありました。
ただ、どうしても長時間の拘束が必要とされる読書に割く時間的余裕がなかったのも、また事実。
読み始めると止まらない性格が、強固なストッパーとして働いていたのです。

ですが、病院の待ち時間覚悟がそれをゆるめてくれた結果、2日で読み終わりました。

いや、よかった。
驚くべきトリックと、震えるほどの感動。
多くを語るとネタバレ領域に入ってしまうのであまり書けませんが、とにかくグイグイと引き込まれる内容でした。

正直、出だしの文章はぶつ切りな印象だし、登場人物の人物描写があまりなく、イマジネーション素材が少ない感は否めません。
ただそれは内容や構成、平たくいえば夢中になって読める部分とは、別次元のようです。
逆にいくら緻密な描写を重ねても、流れがそこで止まってしまえばアウト。
おそらくわざとそうしているのだろうと思いました(今回の内容に大きく絡む部分でもあるので)。

ヤバイです。
読書熱が再燃してしまいました。
文字を追うことで、頭の中で声が聞こえてくるあの感覚。
あぁ、たまりません。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

【2006/07/19 20:48 】 | 本関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<日本沈没 | ホーム | 連休最後は…。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/374-08d80243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |