スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
日本沈没
8/1(火) ややくもり(気温低いね)

いつからだろう、「ニホン」になったのは。
わたくしは、こう見えても愛国心はあるので断固「ニッポン」発音派です。

というわけで、今月の映画の日は夕刻より通常業務がある関係で(今月は夏休みがあるので1日は休みにしなかった)1本のみチョイス。

もう予告編で流れた「スーパーマン」がものすごく熱いです!しびれた。
しびれまくった。
もう公開したら速攻で見に行きます!
至近距離で重機関銃撃たれているのに、ゆっくりと前進するスーパーマンのかっこいいこと。
ターミネーターの不死身っぷりをはるかに超越する、尋常ならざる表現にもうクラクラです。

はい、見に行った映画は「日本沈没」でしたね。
もう樋口監督は「ローレライ」もそうでしたが、特技監督に戻ってほしいです。
必ず仲間内がカメオ出演(ひょっとしたらギャラ出てるかもしれない…)して「ほら、僕たちこんなに仲良し」と、いいかげん素人感覚から抜けてほしいです。鼻につきます。不愉快です。
それから極太明朝も、複数あるモニターにいっせいに表示される『警告』とか、いくらパチンコで再ブームとはいえもうエヴァはいいです。見飽きました。
「本震、来ます!」とかやめましょうよ。
衝撃波が遅れてくるのって、なんであの人たちは大好きなんでしょうか。

あー、それから極めつけは、全編に降りしきる火山灰の表現。
はいはい、リアルですね。
でも、役者の髪はおろか、服にもまったく灰がつかないのは、アレですか。デスノートと同じですか?※映画版デスノートで、雨の中月がはじめて路上でデスノートを見つけたとき、ノートのある部分だけ雨が降っていなかった。もちろんこの世のものならざるものとしての表現。
「宇宙戦争」で、トム・クルーズは灰まみれでしたよ。真っ白でしたよ、トライポッドから命からがら逃げるシーンでは。
あいかわらず邦画はキレイキレイなんで、もう戦争物とかディザスターとかやめてほしい。

そして衝撃のオチ。
ネタバレなので、あえて言いませんが、アレはありなんですか。
小松左京も草葉の陰で泣いていますよ(まだ存命ですけど)。

草くんは草くんにしか見えないし、ストーリーにまったく絡まずにうろうろ神出鬼没だし。
柴咲コウがレスキューなのは百歩譲っていいとして、髪の毛くらい縛れよと。
安定した芝居を見せてくれたのは石坂 浩二くらいです。
あの人、お宝なんちゃらの時とまったく違う顔つきになるから、まさに役者魂ですね。
「犬神家の一族」がオリジナルキャストでリメイクされるそうなので期待できますよ、これは。

というわけで、どうせTBSなんで来年の防災の日(9/1)あたりにオンエアされるから、見に行く必要はないです。
大画面でほんの数カットの特撮(といっても数年前のデイ・アフター・トゥモローに遠くおよばない。だってアングルがアニメなんだもん、全部)を見たいのなら止めませんが。

冒頭のシーンはケレン味あって「お、これは樋口監督やるときはやるか?」と思わせて、あとはグダグダ。
避難場所で草&柴咲のハードな絡みがあれば、まだ許せたかも…。

テーマ:日本沈没 - ジャンル:映画

【2006/08/01 22:59 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<いまさらに24 | ホーム | 容疑者Xの献身>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/386-c7484c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。