ランド・オブ・ザ・デッド
9/1(木)天気 晴れ(暑い)

気分的に沈みがちなのが災いし、せっかくの映画の日なのにハシゴせず。
昨日まで予定では、渋谷に出てまず「南極日誌」を見てから「ランド~」をハシゴし、余力があれば新宿に戻りしな「リンダx3」の2回目を、なんて考えていたのだが…。

結局、爽快感とはほど遠い「ランド~」一択。
場所はいつものユナイテッドシネマとしまえん。
日中ぼんやりと過ごしていたおかげで、上映ギリギリに到着。すでに席はほとんど満杯。
久しぶりに一番前にて鑑賞することに。

ゾンビものの本家、ジョージ・A・ロメロの待望の新作。
いわゆる前三部作から話はつながっているようで、いよいよもって全世界規模でゾンビが蔓延。
内容は正直、ほとんど期待していなかったし、ゴアシーン(エグイシーンのこと)に心ときめくほど元気もなかったので、可もなく不可もなくといったところ。
ただ昨年リメイクされた「ドーン・オブ・ザ・デッド」の方が、ズシリと来るものがありました。
ドラマ部分では、今回の「ランド~」の方が優れているはずなのに…。

興味深かったのは、劇中ゾンビのことを「ゾンビ」とは呼んでいなかった点。
ウォーキング・デッドとか、リビング・デッドとか、はてはクリーチャー呼ばわり。
そのくせ、エンドロールのキャストには、しっかり「ZOMBIE」の文字が。
単にヒヤリング能力が低かったせい?

この手の映画だと絶対むごい死に方すると誰しもが思うバトルトラックの運転手お下げ髪風の金髪美女が、けっこう気に入ったのでパンフ買おうと思ったら品切れ。
そういえば劇中を思い返すと、いわゆるお約束な展開(一見して死にキャラとわかる連中が一花咲かせて散る)が少ないのは、本家の意地だったのだろうか。

テーマ:ランド・オブ・ザ・デッド - ジャンル:映画

【2005/09/01 19:06 】 | 映画鑑賞記 | コメント(2) | トラックバック(3) |
<<移植ゲームに思いをはせてみる | ホーム | 不意打ち>>
コメント
ランド・オブ・ザ・デッド
私もデッド・リコニング号の運転手役の女優が
一番気に入りました。でも、パンフには女優の名前も役名もわかる記載はなかったです。
【2005/09/18 02:01】| URL | まー #-[ 編集] |

まーさん、はじめまして。

そうなんですか、パンフに載ってないんですか!
ぶっちゃけアルジェントの娘よりかわいいし、テロ側なのに微妙に人間味あったりとなにげに脇を固めてたので、きっと華々しく散るのだろうか、やだなぁと思って見てました。

海外のサイトで調べたところ、それらしい人が見つかりました。

Pretty Boy .... Joanne Boland

キャストの順に全部書いてあったのを虱潰しにアクトレスを当たってみたので、実際は違うかもしれません。
プリティボーイという役名が災いして、なかなかたどり着けませんでした…。
【2005/09/18 22:44】| URL | maruzoo #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/40-99010229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランド・オブ・ザ・デッド 評価額・200円
●ランド・オブ・ザ・デッドをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ある日突然、謎の原因で Blog・キネマ文化論【2005/09/02 14:13】
#31:ランド・オブ・ザ・デッド
KAZZのこの映画の評価 早い話が、ゾンビの映画です 期待しすぎていたせいか。。。ショックが大きい (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!【2005/09/02 07:19】
ランドオブ・ザデッド(評価:☆)
【監督】ジョージ・A・ロメロ【出演】サイモン・ベイカー/デニス・ホッパー/アーシア・アルジェント/ジョン・レグイザモ【公開日】2005/8.27【製作】アメリカ【ストーリー】ある日突然、原因不明の出来事が世界を襲った。死んだ者が蘇り、人間の肉を食らい始めた シネマをぶった斬りっ!!【2005/09/02 00:39】
| ホーム |