スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
左手が痛いワケ
8/29(火) はれ(暑さぶり返す)

ちょうど一週間前に届いた洋ゲー2本。
根性でクリアしました。
「Max Payne」と「Alien Hominid」ともにGBA。

授業前、久々にドット作業に従事している際、ショートカットで使う左手がやけに痛くて、なんでだ?としばし逡巡。
なんのことはない「Alien Hominid」のせい。
Bでジャンプ、Aでショット(押しっぱなしでタメうち)の他、Lが特殊動作(L単体ではダッシュ。レバー下Lで地面に潜る)、プレイ中存在を忘れがちなRはグレネード。アクションゲームゆえに十字キーは左右といそがしいとくれば、痛くもなりますって。

それにしても、ゲームシステムはまんま「メタスラ」かと思いきやボス戦がかなりユニークで、いずれも一筋縄でいかないシロモノ。正面突破は玉砕必至な展開で、頭を使わないと撃破はままなりません。
おまけにミニゲームは、イギリスらしいとびきりブラックな内容。
Chicken Lickin'はひたすらメーカーロゴの鳥をバットで殴るだけだし、Soviet Missile Masterはその名の通りの内容。もうひとつあるミニゲームはボス戦そのまんまながら、UFOで人間をキャプチャーして、溶解液容器(工場廃液貯蔵庫?)に落として楽しむというもの(スコアはなし)。
もう、完全なバカゲーです。
海の向こうでは、ずいぶんと自由な発想で作っているようで。

一方の「Max Payne」はグラフィックノベル炸裂な上に、全編セリフ入り。
いったい誰がGBAでフルボイスにしようなんて考えたのでしょうか。
しかもキャラクターのパターン数もスローモーションがかかるために、むやみに多い。
もともとは背後からの三人称視点のPCゲームが原点なんですが、それをダウングレードするのではなくGBAだったらこうやる!な気迫を感じます。
また、苦心惨憺してクリアした後は「cheat」オプションが出現し、残弾数無限やプレイヤーキャラ無敵などの、とってもうれしいおまけつき。これで思うままに二丁イングラム乱射で、敵をなぎ倒せます。

洋ゲーが大味だったのは、もはや昔話。
今はゲーム王国たる日本のものよりはるかにおもしろく、エッジがきいてる。
しかもプラットフォームに縛られないゲーム作りをしている。
この表現を使いたいから、この技術を導入とか。
でなければ、GBAで3Dのレースゲーム(BGMは歌! それも4曲ある)なんて作らないでしょ、普通。

そうしたくとも作れる土壌がないんだ…と現場は嘆くかも知れませんが、それはそちらの都合であってユーザーには台所事情など知るすべもありませんから。
PS3のソフト開発に日本映画がゆうに4,5本取れる予算がかかったとしても、ユーザーはゲームの単価に10k出せるか?と問えば、答えは限りなくネガティブ。
ユーザーには高すぎるハードしか目は行きませんし。
それとも日本の特撮映画(特にゴジラ)のように、画面からにじみ出るあきらめにも似た「ハリウッド並の予算はないから着ぐるみまんまでもいいでしょ、ほら伝統芸だし」まで行くか?
根強いファンに「今回のあのシーンは、すごくよかったよね」と微細な部分でしか褒めてもらえないような。
借金背負ってまでいい絵作りを目指した円谷英二の理念は、とうの昔に消えて無くなってるのが悲しい現実。

時代が違うの一言で片づける前に、じゃあ今の時代に何が出来るのか?を考えるべき時でしょう。
同人ゲームが大ヒットするのに、版権ゲームと続編以外でPS2の売れたソフト名が出てこないのは、本当にゆゆしき事態ですよ。
あのDSソフトが偶然出てきたと思ってはアカンですって。

以上、洋ゲー好きなわがままなユーザーのたわごとでした。
【2006/08/30 00:33 】 | ゲーム関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<グエムル 漢江の怪物 | ホーム | 洋ゲー三昧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/415-6be4279c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。