ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
9/23(土) 晴れ(秋めいてきた)

本日の予定。
彼岸につき墓参り。
…これのみ。


せっかくの連休なのに、いかんともしがたい。
e-Bayは直前で更新され、狙っていたGBAソフト落とせず。
それでも結局4本で送料込み55ドル。
レース2本、アクション2本。このアクションが、またキテル!


そんなわけで、うだうだとした週末になりそうだったので、レイトショーまで時間つぶすと前回のように行かなくなるので、ポイント使ってタダ見を敢行。
別に車には興味ないけど、北川景子(セーラーマーズ)がかわいいし、東京舞台だからってんで前回スルーした「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を見に行きました。

いや、もうホントにバカ映画です。
いい意味でも悪い意味でも、すっからかんの中身。
北川景子もちょい役だし(でもしっかりオープニングテロップでクレジットされる)。
画面のすみっこに映るたびに大喜びって、いったいどんだけワンフーなんだ…。

ともあれ、どう見てもアジアごったに感漂う東京描写に腹を立てる映画でもなく、むしろそこがおもしろい。
主人公は完全に高校生に見えないし(あとヒロインも)、むしろ30代にも見えるのに学ラン着るし。
北川景子も主人公の高校にちゃっかりいるし。
どんだけみんな若くて車転がしてるんだ…。
収入源はなんだ?
いや、こんなツッコミも野暮。
同い年にしか見えない敵役はソン・ガンホ似のやくざで、その相棒(なぜか主人公を見そめる。動機は不明)はメキシコから来たという割に思いっきり韓国系で、主人公と敵対するのはもれなく大東亜共有権。

とりあえず車好きにはたまらない車種がドリフトしまくり、惜しげもなくぶっ壊れますから、そういう意味でも必見かと。
一瞬見えた池袋ナンバーは、目の錯覚か?


で、あまりに敵役がソン・ガンホに似ていたため、もう一度「グエムル」が見たくなりまして。
レイトショー値段だったので、ハシゴしました。
なんだかんだと言われていますが、2度目見たらなんだか好きになりました、この映画。
曲がいい。
車に乗り損なったペ・ドゥナが特にいい。

「グエムル」見たら、「ワイルド~」の印象、ほとんど無くなっちゃいましたけど。
一番大きなハコだったのに20人くらいしかいなくて、でもパンフは売り切れ。
入荷数が少なかったのか?
一方の「グエムル」は100人程度の一番小さなハコで15人くらいなのに、私の座った列に5人(しかも真隣にいる)てどんな人口集中ですか。
【2006/09/24 00:53 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<スケバン刑事 | ホーム | グエムル 漢江の怪物>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/440-2e83468e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |