スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
移植ゲームに思いをはせてみる
9/6(火)天気 雨(しかも蒸し暑い)

台風の運んだ南風のおかげで降り止まぬ雨なのに気温が高く、不快指数上昇。

そんな中、日曜からやりはじめたネオポケ版「メタルスラッグ ファーストミッション」の嫌らしすぎるコンティニュー仕様とメタルスラッグとスラグフライヤー(ともに乗り物)を撃破された時のペナルティゾーンの鬼な難易度に幾度と無く打ちのめされながらクリアしました。

それにしてもGBA版ではグラフィックこそ本家ネオジオ版に近いのに、購入には至らず。というよりまったくおもしろくなかったです、はい。
ゲームをお義理やコレクションで買うほど、ふところ豊かではではござんせん。
逆にネオポケ版は、上記の仕様にもかかわらず再度トライしたい、いやむしろ意地でもクリアしてやると奮い立たせてくれました(以前、複数本セットでヤフオクにて比較的安価で競り落としたものの1本)。

結局、移植したチーム(特に企画者)が「メタルスラッグ」の本質を見抜いたか、ガワだけ(見かけだけ)しか見ていなかったかの違いか。
「メタルスラッグ」の本質は、源流をたどれば自ずと見えてきます。
元はアイレム。
そう、完全無欠のパターンゲー。頭で覚えて、身体で反応してなんぼ。
初心者、一見さん、ヘタレプレイヤーお断りなわけですが、その難易度の線引きが絶妙(もちろん理不尽なまでに難しい作品もあります。私個人で言えば、画風や世界観に魅了されたにもかかわらず挫折した「最後の忍道」とか)で、「ここを押さえれば、先に進めるんじゃないか?」と錯覚させてくれるのが気持ちいい。
そういった意味では、連コインでごり押しが可能な本家よりも、ネオポケ版の方が本流に近いかも。

高田馬場時代、KENZOが「これ、サイコーっすよ」と見せてくれた時には、いまひとつ理解できなかったおもしろさが、5年経ってようやくわかった気がしました。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

【2005/09/06 01:20 】 | ゲーム関係 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<天使のナイフ | ホーム | ランド・オブ・ザ・デッド>>
コメント

結局ゲームは「コールド&レスポンス」につきる
と思うのです。ボタンを押したら、ピッとSEが
なった。お姫様を助けたら村人のメッセージが
かわった。個々はどーってことないんですけど
それを幾重にもかさねて、刺激を与えつづける
のが「遊び」なんだよ、と。

連コインで手に入る安易なクリアよりも
蓄積された経験が、あるきっかけをえてより、
僕らを興奮させてくれる快楽物質へと、爆ぜるように化学変化するのですよ!


頂上決闘
メタスラ
ダイブアラート

実際、これだけで十分。
激突カードファイターズはどうかなぁ・・・?
【2005/09/08 11:25】| URL | Ke N z0 #-[ 編集] |

きっと名指しで書けばコメントを寄せてくると信じていたよ(デスラー総統調で)。

とはいえ、ホントにネオポケはパッと見があからさまに4色スプライト(GBを意識しすぎ)なので、どうしても見かけの印象が悪いのですが、なかなかどうしてやってみると本当におもしろい。
おそらくKENZO言うところの「コール(”コールド”って過去形の方があってるの?)&レスポンス」の最たる部分、マイクロスウィッチ仕様のレバーの操作性がよいからというのも、見かけでわからない部分ですね。

特にすでにプレイ回数8000を超えた「頂上決戦」は、レスポンスのよさ、細部にまでこだわった挙動、バリエーション豊かな3つのゲージシステム、SNK謹製にしては奇跡とも言える難易度バランスは、まさにお手軽気分でプレイするにはもってこい。
これぞまさしく携帯ゲーム!ってカンジです。

ちなみに「ガンバレねおぽけくん」も、かなりオススメです。信じられないくらいのユーザー丸投げ感がネックではありますが、それでもヤリこむ価値はアリです(未だラスト2つがクリアできず…。せめて個々のミニゲームのやり方の詳細説明が欲しかった)
【2005/09/09 01:07】| URL | maruzoo #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/46-d9274e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。