となり町戦争
2/26(月)晴れ(日差しは春)

チケットもあったし、朝イチならその後のやらなきゃいけないことにも支障は出ない。
そう踏んで、新宿まで足を伸ばしました。
近年読んだ小説では群を抜いておもしろく、生々しい戦闘シーンがないのに戦争の痛さ、つらさを見せつけられ目から鱗が落ちた「となり町戦争」。
大好きです、この原作。
そして作者の三崎亜紀はその後の短編集でもすばらしくて、最新作は発売日早々に買ったのにまだ読んでません。きっとおもしろいはず。この人の作風、とにかく好き。
そんな原作大好きっこが、実写化されれば行かないわけはありません。
ですが、ものすごく不安でした。
あのひょうひょうとしたタッチを、どうやって映像化するのか。
あの「大切なものを失う痛み」をどんな風に表現してくれるのか。
第一、江口洋介で大丈夫なのか(原田知世はよさげだった)。

この中で、わたしの不安を覆してくれたのは「江口洋介がわりとよかった。そして原田知世がとにかくよかった」くらいでした。

はい、月曜の朝イチという条件もありますが、200人は入れる箱に二桁行かない観客という時点で気付くべきでした。
東京では、いえ関東では、新宿ともう1館のみの上映なのに。

開始早々、わたしはこれが本当に「となり町戦争」なのかと疑いたくなりました。
原作にはいないイカレタ駅員がいます。
しかもホームを挟んで主人公とキャッチボールしています。
ある日突然、回覧が回ってきて「明日から戦争です」のいきなりさがいいのに、この時点で台無しです。
そして屋外の喫煙禁止とかよくわからない条例で主人公は罰金を支払うことになります。
不条理さを演出したいのでしょうけど、まったくの蛇足。

原作ではさらりと流してある会社内の描写も執拗で意味がわかりません。

そうこうしているうちに、やっと戦争です。
ここからラスト前までは、どーいうわけか比較的原作に忠実になります。
時事ネタですが「おふくろさん」の作詞家が激昂しているのと似てます。
なんだか意味不明な前置きが追加されてるんです。

音響効果にこだわっているのでしょうけど、これも空回り。
とにかく不自然な描写ばかりで、わたしはトイレに中座しました。
あくびではなくトイレです…。
正直「なんだよ、これ…」です、1時間見て。

そんな中でももっともわたしを失望させてくれたのは一番泣ける、そして最高のラストシーンの変更です。
ヘンに原作に忠実に「闘争の木」は買うくせにただ買っただけで、その後BGにしかなっていないとか、そんなことはかすんでしまうくらいの衝撃です。

「大切なものをある日突然、何の前触れもなく理不尽に失う怖さ」がテーマだと思うのですが。
人が死ななくてもそのやりきれなさが原作に描かれていて、はじめて読んだときは本当に衝撃を覚えました。不覚にも胸が熱くなり、泣きそうになりました。
ところが、そんなラストシーンが、見事なまでに変わってました。
信じられないくらい安っぽいラストです。

原作大好きだと「なんだか自分の好きなものが汚された」と言う気持ち、今回初めてわかりました。
ひょっとしたら映画的にはデキがいいのかもしれません。
観客数はアレですが、なんせ月曜朝イチなんで…。
でも、わたしはこの映画は許せない。
原作の文字だけを追って、それで脚本を書いたんじゃないの?と。
外してはいけないコア部分を抽出せず、小手先のシュールな見せ方に終始した結果がコレ。
何をどうしたらあのラストになるんだろう。
別の意味でショックでした。

こんなことなら映画化しないでほしかった…。
もう一度時間のあるときに原作を読もうと思います。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/02/26 19:00 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ハッピーフィート | ホーム | バブルへGO -タイムマシンはドラム式->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/591-fed6efcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |