スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
ハンニバル・ライジング
4/29(日)晴れ(洗濯日和)

最近、またしても部屋にさまざまなブツが増えてきて(普段は買わないコミックだったり、全話DVDだったり)、ただでさえ狭いのに息苦しささえ覚えるため、ほぼ一日かけて整理をしました。
といっても、もともと狭いから劇的な変化は望むべくもないのですが。
それでも掃除かければ気持ちもスッキリ。
PCもつけないから頭痛も治まり気味。

というわけで見てきました、レイトショーで「ハンニバル・ライジング」を。
わたしは「羊たちの沈黙」の際、英語発音通りの字幕「ハニバル」の方が好きです。
「ハニバル・カニバル(人食いハニバル)」と韻を踏んだ言い方が耳心地もよかったのに、いつの頃からか「ハンニバル」に統一されてしまいまして残念。
でも、やっぱり劇中では「ハニバル」と発音してますね、英語では(ロシア語なまりだと「ハンニバル」に聞こえる)。

もうね、主演の彼が復讐を遂げる際に見せる鬼気迫る狂気の表情がサイコーでした。
これだけでも一見の価値ありです。
まさに狂気。
冒頭があまりにつらすぎて、観客としてレクターを応援してしまうのは正直どうかと思うのですが、殺される側がビジュアル的にも内面的にも『殺されて当然』なキャラなため、結局は「やっちまえ、レクター!」な気分になってしまいました。
これじゃあ稀代の殺人鬼になるのもしょうがないよね…というのはもっともやってはいけない部分(殺人犯を肯定しているように見えるため)だと思うのですが、原作は2巻なのできっと内面的な動きが描写されているのでしょう。
映画ではわりとシンプルなので、そこがちょっと物足りなかったかな?
でも、劇中にたった一言それらしい台詞が出てくるので、それでカバーしていると言えばそれまでですが。
なんせ、原作者自らが脚本書いてますし。
もっと知りたきゃ原作読め!ってとこかも。
ちなみに読みたいです。明日にでも本屋に行って買わなきゃ。

あと、オリエンタルムードを出すためなのでしょうけど日本描写がありますが、案の定閉口するものでした。
トーマス・ハリス、日本好きならもっと調べてよ…。
※ちなみに「ハンニバル」で最後にレクターが乗った飛行機は東京に向かったと言われています。
いや、舞台監督かな。
能面を梁からぶら下げるってのは、いくらなんでもアウトですって。

とかなんとかつっこみどころもあるのですが、それでも久しぶりに最後まで楽しめました。
冒頭が奇しくも先日見た「蟲師」と同じく自然描写だったのに、まったく印象が異なったのはナゼ?
撮し方なのかな。

ロシア兵が戦闘機を見て「ストゥーカ!」と叫ぶのがうれしかったわたしは、やっぱりミリタリーモデラーのはしくれだからでしょうか。

テーマ:ハンニバル・ライジング - ジャンル:映画

【2007/04/30 01:22 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<二本見て6時間ちょい | ホーム | 映画と原作>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/658-94690781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。