スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい
5/13(日) 曇り(なんだか微妙に蒸し暑い)

日曜の午前中に新宿は歌舞伎町の映画館で、独り映画を見る。
なんて酔狂なんだ、オレ。
でも見るのは「スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい」だ。
こんな頭の悪そうなB級臭しかしない映画を、よりによって日曜の午前中に、しかも歌舞伎町で見ているヤツなんて、ラブホ帰りの虫みたいなセックスするカップルか、真逆に手も握らないような健全なつがいくらいでしょう(健全なペアがこんな映画をセレクトするかどうかは不問ということで)。

それにしてもタランティーノは偉大だとあらためて思ってしまうわけで。
好き勝手にやってる映画オタクなイメージしかないのに、その作風は必ず「タランティーノくささ」が充満していて、なんだかんだで観客を楽しませてくれる。
今回の「スモーキン・エース」も、そんなタランティーノ臭がキツイ。
ただ監督は別人。プロデュースもしていない。
本来似て非なるものなはずなのに、冒頭のシーンからして見事にタランティーノ。
何か食べながら、下品な会話をかぶせあうだけで「レザボアドックス」に見えてしまう。
だからこそタランティーノは偉大だ。

とにかく字幕量が足りなすぎて、ネイティブに会話がわからないとかなりつまらない。
わたしも英語が得意じゃないけど、それでも字幕を頼りにしゃべっていることを聞いていると、ずいぶんとはしょっていることがわかる。
イカレタ弁護士が繰り返し繰り返し同じ表現を使ってくどさを表現してるのに、字幕じゃあっさり風味。
「フルメタルジャケット」とは行かなくても、もう少しがんばってくださいよと言いたい。
そんなわけで、お楽しみの銃撃戦は約1時間後にならないと始まりません。
それまで様々な殺し屋を含むイカしたキャラの紹介が、つるべ落としで行われていきます。
ただ手法がタランティーノ的なので、比較的飽きません。
でも絡まり合いながら紹介されていくので、イマイチ誰が誰なのかわからなくなります。
トレモア3兄弟をのぞく。

そうそうポスタービジュアルにも使われているワンレンな美女はアリシア・キーズというシンガーだそうで、彼女は相当にかっこよく、おいしいところを持っていきます。
なんだか栗山千明な風貌ですが、セクシーさではアリシア・キーズの圧倒的勝利。
エレベーターのシーンのおみ足は見事としか言いようがありません。
相棒のレズも、なんだか対戦車ライフルみたいなのをぶっ放していていい感じです。

あと悪役にしか見えないレイ・リオッタ(伊良部に似てる)、ずいぶんと老けました。
老けメイクかもしれないけど。
ネタバレになるので多くは語れませんが、男たちの挽歌2っぽい演出があったのですが、さすがにチョウ・ユンファのタフさにはかないませんでした。

知人関係ではもっとも注目度の高いトレモア3兄弟(パンクでネオナチ。装備はチェーンソーにグリースガンやステンMK2)は、期待通りの働きを見せてくれますので、これだけでも1kの価値あり。

ともあれ、思ったよりつまらなくなかったです。

オチは…まぁあんなもんでしょ。

スタイリッシュアクションとのふれこみですが、亜流タランティーノとわたしは感じました。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2007/05/13 15:24 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<300 | ホーム | 二本見て6時間ちょい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/670-10e1ba12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。