トランスフォーマー
8/4(土) 晴れ(静岡は気持ちいい暑さ)

初日は旅行のため無理と泣きが入っていたんだけど、時間の合間を見つけて強引に見てしまいました「トランスフォーマー」。
我ながら劇中の変形のごとく唐突な行動です。

なにしろ前売りもないし、上映時間もわからない状態。
それでもチェックインしたホテルで映画館の場所を聞き出し(残念ながらシネコンはないものの、歌舞伎町みたいな映画館密集地が町外れにある)、ケータイで静岡一帯での「トランスフォーマー」の上映時間を調べる。
するとピカデリーという、いかにもな映画館の名前に突き当たる。
正直期待してなかったけど、驚くほど大きなスクリーンで、環境的には大満足。
映画館街のそばにめっぽう怪しげな金券ショップがあって、通りかかるといきなりガラガラと磨りガラスのドアが開き、座ったおっちゃんが接客するといったあんばい。ちなみにトランスフォーマーは1.4kで、渡されたチケットはファミマの前売り1.3k…。100円は手数料か。
でも地元の高校生には親しげに話しかけていたので、あの店のスタイルでOkayなようだ。

さて肝心の本編ですが…。
長い!
キャラが薄い!(主人公はむやみにがんばってたけど、ほかが…)
バトルが日本のロボットアニメみたい!
でもかっこいい!!

オークションの小ネタがはさまれてるけど、日本人にはわからないですよ。
ネタバレじゃないので書きますが、主人公がこんなことを言うんです。
「ものはe-Bayに出品してて、取引にはPAYPAL使ってるから迅速なやりとりできるよ」
百歩譲ってe-BayはわかってもPAYPALはわからんです(字幕でも一切ふれずスルー)。
ちなみにe-Bayは劇中何度も台詞に出てきますが、一度だけ字幕に出ます。
ただほとんどの客はわからず、笑ったのはわたしだけです…。切ない(e-BayもPAYPALも利用しているので知ってる。ようはヤフオクみたいなもの)。

あと「宇宙戦争」のときもそうだったけど、スピルバーグは日本をかなり意識してますね。
監督はマイケル・ベイだけど、今回もそんなニヤリとする台詞がありました。
劇中で一番笑いが起きたのは、そのシーン。

なにげに「プリズンブレイク」を見ている身としては、米軍の一人にスクレ役の人が出てたのが、ちょいうれしかったかな。
どうやらスペイン語が本当に得意なようで劇中何度も「いいから英語でしゃべれ」と言われます。
スクレは逃げ切って米軍に従軍したのかと、一人ニヤニヤしてました。

キャラ薄いのはマイケル・ベイらしいと言えばそれまでで。
むやみに登場人物多くてそれで散漫になってしまい、キャラが立ちきらないと。
バンブルビー(オートボッツ側の主役)も、もう少しこうなんとかならなかったのかなあ。実に残念。
あ、オプティマス・プライム(日本名コンボイ指令)はかっこいいけど、しびれるは敵側のスタースクリーム(最新鋭戦闘機F-22ラプターから変形)。
実写でマクロスばりな高速変形のち瞬時に敵機撃破が見られるとは思わなかったですよ(くそったれなのはCMで見せすぎなこと…)。
ただ変形はすごいけど、ロボット形態になると誰が誰なのかわからなくなるから、それが一番厳しい。
序盤のバンブルビーと敵のバリケード(なにから変形するか書くとネタバレになるから書けない…)がバトル的にはもっとも見所かな。
ぞわっと来ました。

画面からの情報量が多すぎるから、字幕よりも吹き替えの方がいいかも。
字幕が戸田奈津子じゃないから、わりと直訳+はしょりなんで…。
きっと戸田女史ならe-Bayは「ヤフオク!」と訳したに違いない。意訳は必要と実感しました(観客にわからせるためには)。

テーマ:トランスフォーマー - ジャンル:映画

【2007/08/05 21:11 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<レミーのおいしいレストラン | ホーム | 今日はダメday>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/754-3e81e95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |