スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
3D奮戦記
9/17(月) 晴れ(暑い。暑い)

当初の予定通り、ZBrush3.1を本日より開始。
関連サイトを一通り見て、最初期に使いそうなコマンドとかをメモ書き。
あとはCD WORLD8~9月号片手に開始。

いきなり行き詰まる!

形が出せないのだ。
たしかにブラシでなぞると確かにモコモコと盛り上がってきたりえぐれたりする、今までさわったことのあるソフトイマージュとLWとは比べるべくもない直感的なアプローチ。
しかし形をのばしたり、この部分から曲げて…なんていうねんど的アプローチができない!
※単純にコマンドをまったく理解せずにさわり始めたからなんだけど…。
そもそもオブジェクトの名前が「tool」という時点で、既存のものとは違いすぎる。
ただでさえ英語で直感的にわからないのに、これは初心者(特に英語圏じゃない人)二重のトラップ。

1時間ほど格闘して、もうどうにもならん、こんなもん買うんじゃなかった。やっぱりドットを極めた方がいいんだ、オレは…と文字通り泣きべそかいて、このソフトを買うきっかけとなったサイトを見に行く(マジでものすごくお世話になってます! わかりやすいし)。
いっそのこと全ページプリントアウトすべきでした。
きっと知らないやり方があるに違いない。

ありがたいことに動画で作り方をアップしてくれてまして、しかも管理人さんが造形系(これは実際の立体物)の方なので、少なからずわたしのような「ねんどこねた方がポリゴンつなげるより早いし、思い通りの形ができる」タイプにはわかりやすいんです。
http://zzzbr.blog.shinobi.jp/

で、動画見ました。
タイトル画面にもいるカエル君です(これが作りたくて始めたようなもの。あとカビゴンね)。

同じだ。
球から始めている。
それも左右対称コマンド使ってる。
モコモコブラシ使ってる。
あれ、でも時々表面をならしているぞ?
あとみょーんと伸びるブラシ?も使ってる(指の部分)。
とりあえず表面のイボイボは、今日はまだ無理な部分なのでflvで保存し、途中まで見て作業再開(というかZBrush起動)

確実に見落としていたんだ、オレは。
なんせマウスなので筆圧関知がない。だからそれをバーで弱める(サイズを大きくするのはわかった)。
Z Intensity。たしかに和訳すると「強度」だった…。
zbrush_1.jpg
なぞってみる。
いい感じにモコモコしてきた。
これか!
もう一個、左にもIntensityがあるけど、これはよくわからないのでZ IntensityとDraw sizeでブラシの大きさをいちいち変えてやってみる。
まず、それが第一歩。

つぎに「時々表面をならしていた」を探す。きっとブラシだ、そうに違いない。
ZBrush_2.jpg
それらしい名前は…これか「Smooth」?
使ってみる。おお、でこぼこがなだらかになった。でもディテールももってかれるぞ。フィニッシュワークには向かないけど、形だしには使える。

あとは「みょーんと伸びる」ヤツか。
コマンドでmoveってのがあるが、これが猛烈に使いづらい。
しかも形が変わりやがる。
何度もミスってようやくわかってきた。
三連の円の真ん中をドラッグすると、形変わらず移動するのか(端っこは、うにょーんと伸びる)。
そういや、ムービーでは足の指作るときになんか黒いブラシでポイントを描いてたな。
あれはあたりじゃなくて、そうかマスクか。
それを反転利用すれば、指のあたり部分だけ作業できるからみょーんと伸びるのか!
すげえ。
結果、耳で試したけど、ダメでした。
※今回の失敗は耳の形だしとまぶた、鼻の穴。

とにかく盛りつけてえぐってならして形作るのはスカルピーと同じだ。
そうだよ、頭作るときころころの玉っころから作るじゃんか。
あれと同じだ。
しかも左右対称が効く(これはショートカットXキーを押すとできる。これはあらかじめ覚えていた)。
手も汚れない上、UNDOが効く。

調子に乗って、ブラシの「move」も使ってみた。
これがねんどをぐっと押して移動させる要領と同じで、お気に入り。

ただZBrushを買う直接のきっかけとなったトロル制作ムービー(これも前記のサイト様)のようなしわしわが入れられない。
なんかポリゴンぽくてギザギザしているし。
CG WORLD10月号にも書かれている「サブディビジョン」ってヤツをやってないからか。
ショートカットで「Ctrl+D」とか書いてあるけど、そのショートカットじゃないのはどこなんだ。
数字を入れるとどんどん細かくなるって書いてあるのに、どこか書いてない。
なんて不親切だっ!で、前記のサイト様もつるつるのねんど状態で作業しているムービーなので、思いあまって聞く。
そしたらすぐにお返事いただきました。
以下転載です。
>「Geometry」ってところを開くとDivideボタンが見えると思います
>細分化したいオブジェクトを「subTool」の中から選んで、Devideボタンを押してみてください
>少しづつ目が細かくなってゆく筈です


うれしすぎる!
なんべんありがとうございました!といっても気が済まないです。


とりあえず初めてさわったわけだし、特にモデルがあったわけでもないので、耳やまぶた、口元、鼻はとうてい満足できるモンじゃないけど、ここで終了。
しわしわは入れられなかったので、次回さわるときにはGeometry>Divideをやって、しわしわモデルを作るぜっ!

で、成果物を保存し、せっかくなので適当なシルバーサーファーなマテリアルにしてからレンダリングでもしようかと思いきや…、それはどこで行うのですか!
それらしいコマンドはないし、サイトを見てもない(結局は単なる見落としだったんだけど)。
つーか、あまりに初歩的なことなので書いてないに違いない。
とうことはすぐにわかるコマンドか。
じゃあこのmovieってヤツか?
いや、これはただのムービーだ。しかもターンテーブルでも作り方が悪かったらしく、縦に周りやがる!
なんたる屈辱。
そしてレンダリングはわからない。

途方に暮れて、もう一度くまなくサイトを探してみると、書いてあった!
Document>Exportで書き出し。
わかるかっ!
なぜにDocumentなんだ。レンダリングだろ、普通は。
ソフトイマージュはそうだったぞ。

とりあえず、奮闘記は続きます。
次回はもっと簡単な形で、しっかり形だしができるようにしないと。
そしたら色塗りとかボーンとか表面のでこぼことか。
やりたいことはたくさんだ。
地道にじっくり取り組んでいきたいと思います。

test_1.jpg
本日の成果物。
ソフトイマージュでも、初めて作ったのは親父キャラだった…。
就活に使ったら「(デザインが)ホモっぽいね」とか言われるし。
【2007/09/17 22:24 】 | 3DCG奮戦記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ | ホーム | 準備万端>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/796-7ce38ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。