映画を見る動機
7/31(日)天気 晴れ(暑いが昨日よりはマシ)

明日は映画の日。
渋谷にて「リンダリンダリンダ」を観る予定。

それにしてもらしからぬチョイスだと思うだろう。
もちろん、最初に予告編を見たときの印象はヒドイもので。
完璧に「スウィングガール」の2匹目のどじょう臭がプンプンし、映画会社の「税法上とりあえず撮っておきました」的な、いわゆる年間作品数の帳尻あわせにしか見えなかったんですよ(時々「こんなもん、だれも見ねぇよ」と感じる映画、やりますよね)。
若手女優といっても前田亜季しかわからないし、ペ・ドゥナって誰だよみたいな。

そうこうしているうちに、いつの間にか公開されて終わったんだろうと思ってました。

ところが、事態は急転直下。
香椎由宇ですよ、香椎由宇。
3月に「ローレライ」を見て以来、すっかりハマりまして。
あの目力と醸し出す雰囲気にあっさり魅了されました。
現在、栗山千明と並んで、名前だけで映画を見に行きたくなる女優さんです(男優だとソン・ガンホ)。
しかも競演が「復讐者に憐れみを」のペ・ドゥナ。
最初の予告以降に見た映画でいい印象だった女優さんが主演ならば、見に行かない道理はないと。

一方これほど見に行く映画に関して、まったく期待していないのも珍しかったりします。
だいたい私の好みは派手なドンパチがあったり、すごい特撮だったり、圧倒的なビジュアルイメージだったりするわけで、どうひいき目に見ても「リンダリンダリンダ」にはどれも該当しません。
かの「あずみ2」ですら、たしかに栗山千明が出ているから見に行きましたが、一応チャンバラ活劇でしたし。
ソン・ガンホ主演の映画はたしかに役者見たさに行きますが、香椎由宇にそこまでの安定した芝居は期待できませんし、第一なんだかんだで安い邦画だし…。

とりあえず明日のブログにご期待あれ。
人によっては驚喜した、もしくは殺伐としたメールが届きます(笑)

テーマ:リンダリンダリンダ - ジャンル:映画

【2005/07/31 00:54 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<リンダリンダリンダ | ホーム | ジェダイの復讐あらため帰還>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/8-9eb9bcdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |