スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「やらなきゃ」じゃなくて「やりたい」
10/13(土) くもり(秋)

企画の塾生の日記にとてもいい記述があったので拝借しました。
誰かに触発されて「そろそろおれもやらなきゃな」と思うことって、よくあります。
若さあふれるとか、むやみにポジティブとか、決して楽ではない自分の環境を苦にしないバイタリティとか、そんなのを武器に作品制作してる人を見ると、特にそう思います。
わたしの周りには少なからず両極端が集まりやすいようで、一方を見ては自身も奮起しなきゃと思い、もう一方は「やらなきゃ」と思いつつも今ひとつ動けない人。
でも、そんなわたしも「やらなきゃ」の方の人なんですよ。

実は三ヶ月のジンクスがありまして、今日もまたそんな対応を強いられました。
力及ばず。
無力感にさいなまれました。
薬の効果ぶっ飛ぶ衝撃です。

今回も偶然なのですが、いつもの方々は仕事の関係でお休み。
ということは一日空いてしまったわけです。

そこでわたしは中野まで足を伸ばし、やるやるといってふれようともしていなかった3Dツール「Metasequoia」のHow to本(Metasequoiaスーパーモデリングガイド)を買いに行きました。
3k越える値段です。安い買い物ではありません(ソフト本体価格が5kと異常なまでの安さなので)。
内容をよくよく吟味したところ、基本的なオペレーティングが最初に押さえられていて、初心者本にありがちな「こんなん作ってもおもしろくないじゃん」的な初歩モデリングもOAチェアという変化球が気に入りました(座席の上げ下げの部分まで作るようになってる)花瓶とかワイングラスを作りましょうとかだったら買いませんでした。かくいう以前買ったLW本では缶飲料がファーストステップで、速攻ヤになりましたし(当時のモデルデータが残ってた…)。
第2章はUVテクスチャの紹介で、第3章が人体、そして最終章がバイク(リアルモデル)というのも気に入り、購入に踏み切りました。
他のCG本のほとんどが「美少女フィギュアを作ろう!」的なものばかりで、美少女モデルよりカビゴンみたいなポヨポヨ系が作りたいわたしにとっては、まったく琴線に触れず。つーか、偏りすぎです。ハイエンドはマネキンみたいに精気のない人体モデルで、ローポリは美少女モデル。どのみち人体しかないのは何故? 動物とか作りたくないのかな?

鞄に入れると少々重量感のあるそれをしまい、もう一冊はまんだらけにて成田亨の特集が組まれた雑誌をプレミア価格で購入(といっても24年前の650円の雑誌が840円)。
これ美術展にも展示されていなかった未見の図版が多く大満足。

帰宅後、だらだらと踊るなんちゃらを見てしまい、そのあとMetasequoiaをDLし、早速起動。
ライセンスは仮のもので、先方の連絡待ち。
さっそく6年前にLWで作っていたモデル(20段前半の頃にデザインしたオリジナルの車)を読み込んでみる。
つーか、LWの拡張子そのまんまイケルことにまず驚き!
そしてなにより表示は日本語。
本片手に手探りでも充分イケル!
ここから作り込めばとりあえずいいかな?と思ってやりはじめたけど、かなり強引な形出しなため一から作り直した方がよさそう。
でもポリゴンの点、辺、面で選択できて、shift押せば連続して選択できて、delキーで消せて、穴の空いた部分もすぐにポリゴンを作ることができる!
これだよ!
10年前、日テレ時代に手探りでソフトイマージュさわってモデリングしていたのは、この感覚だよ!
ポイント(点)やライン(辺)、面を作ったり消せたり、近いポイントを強制的に合体させたりできれば、少なくとも作れるよ。

これならやれそうだ。
いや、「やりたい」!
やらなきゃ、覚えなきゃじゃなくって、やりたいと思える。

オペレーティングは最小限でいい。

あ、でもズームイン、アウトさせるときに、無意識にctrl+とか-押しちゃう。
ただ3ボタンマウスの感覚が記憶の底に残っていたから、右クリックで視点変更、中央で平行移動はすんなりいけた。ホイールでズームできるのは10年前にはなかった機能でうれしいね。

とりあえういきなり難しいのにチャレンジしてあっさり挫折も腹立たしいので、律儀にOAチェア作るぜ。とかいって別のものに気づくとなってそうだけどさ。
でも久しぶりに3Dが楽しいと思えた。
ポイントとポイントをラインでつないでポリゴン作るんだよ。
そうだよ、この感じだよ。
オレは少しはできたんだよ。
あのときの楽しさを思い出すんだ!
HAWK00.jpg HAWK02.jpg HAWK12.jpg
ちょうど10年前の作品。
翼がぶ厚すぎるのはご愛敬。
オリジナルのウルトラホークです。
プラモデルの質感を目指した覚えがあります。
【2007/10/14 01:51 】 | 3DCG奮戦記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<こつこつ | ホーム | その先はできるのに…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/824-46faaf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。