スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
椿三十郎
1/6(日) 晴れ

日曜日、家にいても腐るだけなので、新聞屋にもらった東宝のタダ券使うべく、新宿まで出向く。
黒沢映画のオリジナルは大学の頃レンタルビデオで見て以来なので、話の筋道しか覚えていないから、純粋に楽しめるだろうと思ったのだけど…。
よかったのは、三船敏郎を意識しまくりの織田裕二くらい。
脚本はおそらくオリジナルに限りなく忠実と思われ、昨今使わないような台詞回し満載。
基本的にはおもしろい話なのに、まったく新鮮みが無く、何度もあくびが出てしまった。
そして気になるのは、最後の大一番。
どうやって抜いたのかわからない太刀筋の三船に斬られた仲代達也から噴水のような血が吹き出る、あの希代の名シーンをそのままやるのか、はたまた違った解釈にするのか?
もう公開から一ヶ月経ってるから書くけどさ。

血、出ないし!
ワンカットじゃないし。
がっかりだ。ほんとガッカリだよ。

やはりオリジナル越えは無理でした。
期待していなかった織田裕二が思いの外よかっただけに、あれはどうなのよ、と。
血で評価変わるってのもなんだけどさ…。

テーマ:◎椿三十郎◎ - ジャンル:映画

【2008/01/06 17:36 】 | 映画鑑賞記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<海の底 | ホーム | AVP2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://maruzoo.blog19.fc2.com/tb.php/920-bc0ade84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。